Juniper Junos OS の脆弱性 (JSA11238)

medium Nessus プラグイン ID 161775

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

SRX シリーズの J-Web インターフェイスの Juniper Networks Junos OS に永続的なクロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性があるため、リモートの認証されたユーザーが、永続的な悪意のあるスクリプトを注入する可能性があります。攻撃者がこの脆弱性を悪用して、Web 管理セッションから機密データや認証情報を盗み出したり、別のユーザーのアクティブなセッションをハイジャックして管理アクションを実行したりする可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

Juniper アドバイザリ JSA11238に記載されている該当の Junos ソフトウェアリリースを適用してください

関連情報

https://kb.juniper.net/JSA11238

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 161775

ファイル名: juniper_jsa11238.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: combined

公開日: 2022/6/2

更新日: 2022/6/3

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-31373

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version, Host/Juniper/model

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/28

脆弱性公開日: 2021/9/28

参照情報

CVE: CVE-2021-31373

JSA: JSA11238