Oracle Linux 8:go-toolset:ol8addon (ELSA-2022-14857)

critical Nessus プラグイン ID 161946

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2022-14857アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Go 1.16.15より前および 1.17.8より前の 1.17.xの前の regexp.Compile により、深くネスト化された式を介して、スタックの枯渇が可能となっています。 (CVE-2022-24921)

- Go の 1.16.14より前および 1.17.7より前の 1.17.xの cmd/go は、バージョンタグのように偽装して表示されるブランチ名を誤って解釈する可能性があります。これにより、アクターがブランチは作成できるが、タグは作成できないと想定されている場合、不適切なアクセスコントロールが発生する可能性があります。 (CVE-2022-23773)

- Go の 1.16.14より前および 1.17.7より前の 1.17.xの math/big の Rat.SetString には、オーバーフローがあり、制御されないメモリ消費が発生する可能性があります。 (CVE-2022-23772)

-Go の 1.16.14および 1.17.7より前の1.17.x の crypto/elliptic の Curve.IsOnCurve が、有効なフィールド要素ではない big.Int 値を持つ状況で、誤って true を返す可能性があります。 (CVE-2022-23806)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-14857.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 161946

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-14857.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/6/8

更新日: 2023/10/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2022-23806

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 8.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:delve, p-cpe:/a:oracle:linux:go-toolset, p-cpe:/a:oracle:linux:golang, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-bin, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-misc, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-race, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-src, p-cpe:/a:oracle:linux:golang-tests

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/6/8

脆弱性公開日: 2022/2/11

参照情報

CVE: CVE-2022-23772, CVE-2022-23773, CVE-2022-23806, CVE-2022-24921

IAVB: 2022-B-0008-S, 2022-B-0011-S