Debian DLA-3049-1:mailman - LTSセキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 161990

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 9 ホストには、dla-3049 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 2.1.36以前の GNU Mailman で、Cgi/options.py ユーザーオプションページへの細工された URL は、XSS に対して任意の JavaScript を実行できます。(CVE-2021-43331)

- 2.1.36以前の GNU Mailman で、Cgi/admindb.py admindb ページの CSRF トークンに、リスト管理者パスワードの暗号化されたバージョンが含まれています。これは、オフラインのブルートフォース攻撃を介して、モデレーターによってクラックされる可能性があります。(CVE-2021-43332)

- 2.1.38より前の GNU Mailman では、リストのメンバーやモデレーターが CSRF トークンを取得し、(そのトークンを使用して) 管理者リクエストを作成し、新しい管理者パスワードを設定したり、その他の変更を行ったりする可能性があります。(CVE-2021-44227)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

mailmanパッケージをアップグレードしてください。

Debian 9 Stretch では、これらの問題はバージョン 1 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=1000367

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/mailman

https://www.debian.org/lts/security/2022/dla-3049

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-43331

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-43332

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-44227

https://packages.debian.org/source/stretch/mailman

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 161990

ファイル名: debian_DLA-3049.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/6/9

更新日: 2022/6/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-44227

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:mailman, cpe:/o:debian:debian_linux:9.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/6/9

脆弱性公開日: 2021/11/12

参照情報

CVE: CVE-2021-43331, CVE-2021-43332, CVE-2021-44227