Cisco IOS ソフトウェア FXO インターフェイスの宛先パターンのバイパス (cisco-sa-fxo-pattern-bypass-jUXgygYv)

medium Nessus プラグイン ID 162014

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョンによると、Cisco IOSは脆弱性の影響を受けます。

Cisco IOS ソフトウェアおよび Cisco IOS XE ソフトウェアの Voice Telephony Service Provider (VTSP) サービスの脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、設定された宛先パターンをバイパスし、任意の番号をダイヤルする可能性があります。
この脆弱性は、Foreign Exchange Office (FXO) インターフェイスでのダイヤル文字列の検証が不十分なことが原因です。攻撃者が、ISDN プロトコルまたは SIP のどちらかを介して、影響を受けるデバイスに不正な形式のダイヤル文字列を送信することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。悪用が成功すると、攻撃者が通話料金を不正に利用し、影響を受ける顧客に予期しない金銭的影響を与える可能性があります。

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCvw53542 に記載されている該当する修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://tools.cisco.com/security/center/viewErp.x?alertId=ERP-74581

http://www.nessus.org/u?0e03d31a

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvw53542

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 162014

ファイル名: cisco-sa-fxo-pattern-bypass-jUXgygYv-ios.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/6/10

更新日: 2022/6/10

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 1.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-34705

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:cisco:ios:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, Host/Cisco/IOS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/22

脆弱性公開日: 2021/9/22

参照情報

CVE: CVE-2021-34705

IAVA: 2021-A-0441

CISCO-BUG-ID: CSCvw53542

CISCO-SA: cisco-sa-fxo-pattern-bypass-jUXgygYv

CWE: 232