Debian DLA-3052-1 : cyrus-imapd - LTS セキュリティ更新

critical Nessus プラグイン ID 162402

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 9 ホストには、ddla-3052 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 2.5.14 より前の 2.5.x および 3.0.12 より前の 3.x の Cyrus IMAP は、HTTP リクエストが同じ接続を介して到着した無関係の前の要求の認証コンテキストで解釈される可能性があるため、権限の昇格が可能です。(CVE-2019-18928)

- 3.4.2 より前の Cyrus IMAP により、リモート攻撃者が、ハッシュテーブルの相互作用の間に誤って処理された入力を介して、サービス拒否 (複数分のデーモンハング) を引き起こす可能性があります。単一のバケットへの挿入が多数あるため、strcmp が遅くなります。これは 3.4.2、3.2.8、および 3.0.16 で修正されました。(CVE-2021-33582)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

cyrus-imapd パッケージをアップグレードしてください。

Debian 9 stretch では、これらの問題はバージョン 2.5.10-3+deb9u3 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=993433

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/cyrus-imapd

https://www.debian.org/lts/security/2022/dla-3052

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2019-18928

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-33582

https://packages.debian.org/source/stretch/cyrus-imapd

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 162402

ファイル名: debian_DLA-3052.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/6/20

更新日: 2022/6/20

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-18928

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-admin, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-caldav, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-clients, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-common, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-doc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-imapd, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-murder, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-nntpd, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-pop3d, p-cpe:/a:debian:debian_linux:cyrus-replication, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libcyrus-imap-perl, cpe:/o:debian:debian_linux:9.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/6/20

脆弱性公開日: 2019/11/15

参照情報

CVE: CVE-2019-18928, CVE-2021-33582