Slackware Linux 14.0/ 14.1/ 14.2/ 15.0/ current openssl の複数の脆弱性 (SSA:2022-174-01)

critical Nessus プラグイン ID 162501

概要

リモートのSlackware Linuxホストに、openssl のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている openssl のバージョンは、1.0.1u / 1.0.2u / 1.1.1p よりも前です。したがって、SSA:2022-174-01 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- c_rehash スクリプトはシェルのメタ文字を適切にサニタイズしておらず、コマンドインジェクションを防ぎません。このスクリプトは、一部のオペレーティングシステムによって、自動的に実行される方法で配布されます。このようなオペレーティングシステムでは、攻撃者がスクリプトの権限で任意のコマンドを実行する可能性があります。c_rehash スクリプトの使用は旧式と考えられており、OpenSSL rehash コマンドラインツールで置き換える必要があります。
OpenSSL 3.0.3で修正されました (3.0.0、3.0.1、3.0.2 が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.1o で修正されました (1.1.1-1.1.1n が影響を受けました)。
OpenSSL 1.0.2ze で修正されました (1.0.2-1.0.2zd が影響を受けました)。(CVE-2022-1292)

- CVE-2022-1292で特定された c_rehash シェルコマンドインジェクションに加えて、コマンドインジェクションを防止するために c_rehash スクリプトがシェルメタ文字を適切にサニタイズしていないという状況がコードレビューで見つかりました。CVE-2022-1292が修正されたとき、ハッシュされている証明書のファイル名がシェルを介して実行されるコマンドに渡される可能性があるスクリプトに他の場所があるとは発見されませんでした。このスクリプトは、一部のオペレーティングシステムによって、自動的に実行される方法で配布されます。このようなオペレーティングシステムでは、攻撃者がスクリプトの権限で任意のコマンドを実行する可能性があります。c_rehash スクリプトの使用は旧式と考えられており、OpenSSL rehash コマンドラインツールで置き換える必要があります。OpenSSL 3.0.4で修正されました (3.0.0、3.0.1、3.0.2、3.0.3 が影響を受けます)。OpenSSL 1.1.1p で修正されました (1.1.1-1.1.1o が影響を受けます)。OpenSSL 1.0.2zf で修正されました (1.0.2-1.0.2ze が影響を受けます)。(CVE-2022-2068)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける openssl パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 162501

ファイル名: Slackware_SSA_2022-174-01.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/6/23

更新日: 2022/7/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1292

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:openssl, p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:openssl-solibs, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2022-1292, CVE-2022-1292, CVE-2022-2068

IAVA: 2022-A-0186-S