Siemens WinCC OA 3.16 < 3.19 クライアント側の認証の脆弱性 (SSA-111512)

critical Nessus プラグイン ID 162508

概要

リモートホストで実行されているアプリケーションは、クライアント側の認証の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストはバージョン 3.19 より前の Siemens SIMATIC WinCC OA (Open Architecture) 3.16 のバージョンを実行しています。したがって、OT: で特定されるクライアント側の認証の脆弱性の影響を受けます。ICEFALLレポート:

- この脆弱性の悪用に成功すると、攻撃者は認証されずに、他のユーザーになりすますことや、クライアントサーバープロトコルを悪用する可能性があります。

ソリューション

サーバー側の認証 (SSA) または Kerberos 認証を有効にし、ベンダーのアドバイザリを参照してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?0a5d0b1d

https://www.cisa.gov/uscert/ics/advisories/icsa-22-172-06

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 162508

ファイル名: scada_app_siemens_wincc_oa_ssa-111512_icefall.nbin

バージョン: 1.38

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/6/23

更新日: 2024/6/24

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2022-33139

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:siemens:simatic_wincc_oa

必要な KB アイテム: installed_sw/Siemens WinCC OA, SMB/Registry/Enumerated, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/6/21

参照情報

CVE: CVE-2022-33139