OFFIS DCMTK DICOM Toolkit < 3.6.7複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 162601

概要

リモートサーバーで実行されている OFFIS DCMTK DICOM Toolkit のバージョンは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートサーバーでホストされている OFFIS DCMTK DICOM Toolkit のインスタンスは、複数の脆弱性の影響を受けます。

- 影響を受ける製品のサービスクラスプロバイダー (SCP) はパストラバーサルに脆弱であるため、攻撃者が制御された名前で任意のディレクトリに DICOM ファイルを書き込む可能性があります。これにより、リモートコード実行ができる可能性があります。
(CVE-2022-2119)

- 影響を受ける製品のサービスクラスユーザー (SCU) は関連するパストラバーサルに脆弱であるため、攻撃者が制御された名前で任意のディレクトリに DICOM ファイルを書き込む可能性があります。これにより、リモートコード実行ができる可能性があります。
(CVE-2022-2120)

- 影響を受ける製品には、DICOM ファイルの処理中に NULL ポインターデリファレンスの脆弱性があり、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。
(CVE-2022-2121)

Nessusはこれらの問題のテストを行っておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョンにのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーセキュリティアドバイザリに記載されている OFFIS DCMTK DICOM Toolkit バージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4522ca5d

http://www.nessus.org/u?45d16383

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 162601

ファイル名: offis_dcmtk_3_6_7_multiple_vulnerabilities.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/6/29

更新日: 2022/7/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2120

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:offis:dcmtk

必要な KB アイテム: installed_sw/OFFIS DCMTK DICOM Toolkit

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/6/28

脆弱性公開日: 2022/6/23

参照情報

CVE: CVE-2022-2119, CVE-2022-2120, CVE-2022-2121