Scientific Linux セキュリティ更新 : SL7.x x86_64 の thunderbird (2022:5480)

high Nessus プラグイン ID 162723

概要

リモートの Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Scientific Linux 7 ホストのパッケージは、SLSA-2022: 5480-1 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Mozilla: 「allow-scripts」のない CSP サンドボックスヘッダーは、リターゲットされた javascript: URI を介して、バイパスされる可能性があります。(CVE-2022-34468)

- Mozilla: nsSHistory でのメモリ解放後使用 (use-after-free) (CVE-2022-34470)

- Mozilla: アドレスバーを Web コンテンツでオーバーレイする方法で、ポップアップウィンドウのサイズが変更される可能性があります (CVE-2022-34479)

- Mozilla: Firefox 102 と Firefox ESR 91.11 で修正されたメモリ安全性に関するバグ (CVE-2022-34484)

- Mozilla: 不要な属性がプロトタイプ汚染の一部として設定される可能性があります (CVE-2022-2200)

- Mozilla: OpenPGP 署名の日付が一致しない電子メールが、有効なものとして受け入れられました (CVE-2022-2226)

- Mozilla: スタイルシート注入を有効にする CSP バイパス (CVE-2022-31744)

- Mozilla: 利用できない PAC ファイルにより、OCSP リクエストがブロックされました (CVE-2022-34472)

- Mozilla: ReplaceElementsAt での整数オーバーフローの可能性 (CVE-2022-34481)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける thunderbird パッケージや thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

https://www.scientificlinux.org/category/sl-errata/slsa-20225480-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 162723

ファイル名: sl_20220701_thunderbird_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/7/5

更新日: 2022/8/9

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-34484

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fermilab:scientific_linux, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird-debuginfo

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/1

脆弱性公開日: 2022/6/28

参照情報

CVE: CVE-2022-2200, CVE-2022-2226, CVE-2022-31744, CVE-2022-34468, CVE-2022-34470, CVE-2022-34472, CVE-2022-34479, CVE-2022-34481, CVE-2022-34484

IAVA: 2022-A-0226-S, 2022-A-0256-S

RHSA: RHSA-2022:5480