FreeBSD:Node.js -- 2022 年 7 月 7 日のセキュリティリリース (b9210706-feb0-11ec-81fa-1c697a616631)

critical Nessus プラグイン ID 162898

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、b9210706-feb0-11ec-81fa-1c697a616631 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- AES-NI アセンブリ最適化実装を使用する 32 ビット x86 プラットフォームの AES OCB モードは、一部の状況でデータ全体を暗号化しません。これにより、書き込まれなかったメモリに既存の 16 バイトのデータが漏洩する可能性があります。インプレース暗号化の特別なケースでは、平文の 16 バイトが漏洩します。OpenSSL は、TLS および DTLS の OCB ベースの暗号化パッケージをサポートしていないため、どちらも影響を受けません。OpenSSL 3.0.5で修正されました (3.0.0-3.0.4 が影響を受けました)。OpenSSL 1.1.1q で修正されました (1.1.1-1.1.1p が影響を受けます)。(CVE-2022-2097)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://nodejs.org/en/blog/vulnerability/july-2022-security-releases/

http://www.nessus.org/u?ee795814

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 162898

ファイル名: freebsd_pkg_b9210706feb011ec81fa1c697a616631.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

公開日: 2022/7/8

更新日: 2022/11/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2097

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32215

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node14, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node16, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/8

脆弱性公開日: 2022/7/5

参照情報

CVE: CVE-2022-2097, CVE-2022-32212, CVE-2022-32213, CVE-2022-32214, CVE-2022-32215, CVE-2022-32222

IAVB: 2022-B-0020-S, 2022-B-0036-S