Microsoft Office 製品 C2R のセキュリティ更新プログラム (2022 年 7 月)

medium Nessus プラグイン ID 163080

概要

Microsoft Office製品にセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Microsoft Office製品にセキュリティ更新プログラムがありません。したがって、以下の脆弱性の影響を受けます。

- セキュリティ機能バイパスの脆弱性。攻撃者がこれを悪用し、セキュリティ機能をバイパスして認証されていないアクションを実行し、システム / アプリケーションの整合性を損なう可能性があります。
(CVE-2022-33632)

- windows graphic コンポーネントに情報漏洩の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2022-26934)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Office 365、Office 2016 C2R、Office 2019 の場合は、自動更新が有効になっていることを確認するか、任意の Office アプリを開いて手動で更新を実行します。

関連情報

http://www.nessus.org/u?42ab6861

http://www.nessus.org/u?fd4508ff

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 163080

ファイル名: smb_nt_ms22_jul_office_c2r.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2022/7/13

更新日: 2022/8/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-33632

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/12

脆弱性公開日: 2022/7/12

参照情報

CVE: CVE-2022-26934, CVE-2022-33632

IAVA: 2022-A-0270-S