Cisco Unified Communications Manager IM & Presence XSS (cisco-sa-cucm-xss-ksKd5yfA)

medium Nessus プラグイン ID 163101

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされている Cisco Unified Communications Manager IM&Presence Service のバージョンは、11.5(1)SU11 より前の 11.5(1)、12.5(1)SU6 より前の 12.5(1)SU6、14SU2 より前の 14 です。したがって、これは Web ベースの管理インターフェイス内のクロスサイトスクリプティング脆弱性 (XSS) による影響を受けます。認証されていないリモート攻撃者が、認証されたユーザーのアクションを伴い、影響を受けるインターフェイスのコンテキストで任意のスクリプトコードを実行したり、ブラウザベースの機密情報にアクセスしたりする可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Cisco バグ ID CSCvy16646 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?10275420

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy16646

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 163101

ファイル名: cisco-sa-cucm-xss-ksKd5yfA_imp.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/7/14

更新日: 2022/7/14

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20815

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cisco:unified_communications_manager_im_and_presence_service

必要な KB アイテム: installed_sw/Cisco Unified CM IM&P

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/6

脆弱性公開日: 2022/7/6

参照情報

CVE: CVE-2022-20815

CISCO-BUG-ID: CSCvy16646

CISCO-SA: cisco-sa-cucm-xss-ksKd5yfA

IAVA: 2022-A-0266

CWE: 79