Amazon Linux 2: カーネル (ALAS-2022-1813)

high Nessus プラグイン ID 163232

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているカーネルのバージョンは、4.14.285-215.501より前のものです。したがって、ALAS2-2022-1813 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- カーネル情報漏洩の欠陥が、Linuxカーネルの drivers/scsi/scsi_ioctl.c の scsi_ioctl 関数で特定されました。この欠陥により、特別なユーザー権限 (CAP_SYS_ADMIN または CAP_SYS_RAWIO) を持つローカルの攻撃者が、機密性の問題を生み出す可能性があります。(CVE-2022-0494)

- 5.18.1までの Linux カーネルの net/netfilter/nf_tables_api.c では、不適切な NFT_STATEFUL_EXPR チェックにより、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生し、ローカルユーザー (user/net 名前空間を作成可能) が権限を root に昇格させることができます。(CVE-2022-32250)

- 5.17.9より前の Linux カーネルでは、TCP サーバーはどのソースポートが使われているかを観察することで、クライアントを識別できます。(CVE-2022-32296)

- powerpc 32-bit のプラットフォームで 5.18.3までの Linux カーネルで問題が発見されました。浮動小数点レジスタにアクセスする際に、ptrace PEEKUSER および POKEUSER (別名 PEEKUSR および POKEUSR) にバッファオーバーフローがあります。(CVE-2022-32981)

- RPCRDMA_HDRLEN_MIN (7) の net/sunrpc/xprtrdma/rpc_rdma.c 関数の NFS over RDMA で情報漏洩の欠陥が見つかりました(rpcrdma_max_call_header_size、rpcrdma_max_reply_header_size内) 。この欠陥により、通常のユーザー権限を持つ攻撃者がカーネル情報を漏洩する可能性があります。(CVE-2022-0812)

- kernel: TCP ソースポート生成アルゴリズムのテーブル混乱サイズが小さいため、情報漏洩が発生する可能性があります (CVE-2022-1012)

- カーネル情報漏洩の欠陥が、Linuxカーネルの drivers/scsi/scsi_ioctl.c の scsi_ioctl 関数で特定されました。この欠陥により、特別なユーザー権限 (CAP_SYS_ADMIN または CAP_SYS_RAWIO) を持つローカルの攻撃者が、機密性の問題を生み出す可能性があります。(CVE-2022-0494) (CVE-2022-1184)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0494.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0812.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1012.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1184.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32250.html

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1813.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32981.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-32296.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163232

ファイル名: al2_ALAS-2022-1813.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/7/15

更新日: 2024/1/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.2

現状値: 6.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32250

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.2

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1012

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-4.14.285-215.501, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/6

脆弱性公開日: 2022/3/25

参照情報

CVE: CVE-2022-0494, CVE-2022-0812, CVE-2022-1012, CVE-2022-1184, CVE-2022-32250, CVE-2022-32296, CVE-2022-32981