IBM WebSphere Application Server 8.5.x < 8.5.5.22 / 9.0.x < 9.0.5.13 の XSS

medium Nessus プラグイン ID 163249

概要

リモートのWebアプリケーションサーバーは、クロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます

説明

リモートホストにインストールされている IBM WebSphere Application Server は、8.5.5.22 より前の 8.5または 9.0.5.13 より前の 9.0 であるか、暫定修正 PH46332 がインストールされていません。この脆弱性により、ユーザーがWeb UIに任意のJavaScriptコードを埋め込み、意図されている機能を変更することで、信頼できるセッション内で資格情報を漏えいさせる可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM WebSphere Application Server バージョンを 8.5.5.22、 9.0.5.13以降にアップグレードしてください。または、暫定修正に必要な最低限のFix Packにアップグレードしてから、暫定修正PH46332を適用してください。

関連情報

https://www.ibm.com/support/pages/node/6603417

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 163249

ファイル名: websphere_9_0_5_13_cve-2022-22477.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/7/15

更新日: 2022/12/8

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22477

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:websphere_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/IBM WebSphere Application Server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/13

脆弱性公開日: 2022/7/13

参照情報

CVE: CVE-2022-22477

IAVA: 2022-A-0279-S