VMware Spring Cloud Gateway 3.0 < 3.0.7 / 3.1 < 3.1.1 のコードインジェクション

critical Nessus プラグイン ID 163631

概要

リモートホストで実行されている Spring Cloud Gateway は、コードインジェクションの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている Spring Cloud Config のバージョンは、コードインジェクションの脆弱性の影響を受けます。
GatewayActuator エンドポイントが有効化され、公開され、安全でない場合、アプリケーションはコードインジェクション攻撃に対して脆弱です。リモートの攻撃者が悪意をもって細工されたリクエストを作成し、リモートホストで任意のリモート実行を行う可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Spring Cloud Gateway バージョン 3.0.7、3.1.1 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://tanzu.vmware.com/security/cve-2022-22947

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 163631

ファイル名: spring_cloud_gateway_cve-2022-22947.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/7/29

更新日: 2022/10/13

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22947

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:spring_cloud_gateway

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/1

脆弱性公開日: 2022/3/1

CISAの既知の悪用日: 2022/6/6

エクスプロイト可能

Metasploit (Spring Cloud Gateway Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2022-22947