FreeBSD : Gitlab -- 複数の脆弱性 (4c26f668-0fd2-11ed-a83d-001b217b3468)

high Nessus プラグイン ID 163649

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、4c26f668-0fd2-11ed-a83d-001b217b3468 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Gitlab レポート: 機密ノート todos へのアクセスを取り消します。パイプラインサブスクリプションが、間違った作者の新しいパイプラインをトリガーします。他のユーザーのメールアドレスを未検証のセカンダリメールとして使用することで、メール招待を通じてプライベートプロジェクトへのアクセス権を取得する可能性があります。git プロトコルを介したインポートにより、リポジトリのチェックをバイパスすることが可能です。GitLab Pages を介してジョブアーティファクトにアクセスするときの認証されていない IP 許可リストバイパス。Maintainer が統合 URL を変更することで Packagist やその他の統合アクセストークンが漏洩する可能性があります。パストラバーサルを介して被害者の Grafana データソースに認証されていないアクセスが発生する可能性があります。権限のないユーザーが連絡先や組織で問題をフィルタリングする可能性があります。悪意のあるメンテナーがプロジェクトまたはグループの可視性を変更する可能性があります。ジョブエラーメッセージの蓄積型 XSS。リソース所有者パスワード認証情報の付与を使用している場合、強制されたグループ MFA がバイパスされる可能性があります。非プロジェクトメンバーが、Jira 統合のあるプロジェクトでパブリックプロジェクトの展開キー IDOR を表示できます。プロジェクト所有者の他のプロジェクトを漏洩します。Jira が、グループ削除にグループ Bot ユーザーとトークンを削除しない問題。メンバーロックが有効にされた後も、 メールで招待されたメンバーがプロジェクトに参加することができます。Datadog 統合によりユーザーのメールが返されます。(CVE-2022-2095、CVE-2022-2303、CVE-2022-2307、CVE-2022-2326、CVE-2022-2417、CVE-2022-2456、CVE-2022-2459、CVE-2022-2497、CVE-2022-2498、CVE-2022-2499、CVE-2022-2500、CVE-2022-2501、CVE-2022-2512、CVE-2022-2531、CVE-2022-2534、CVE-2022-2539)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4d76f33e

http://www.nessus.org/u?a32776e7

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163649

ファイル名: freebsd_pkg_4c26f6680fd211eda83d001b217b3468.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

公開日: 2022/7/30

更新日: 2022/8/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2539

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2326

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:gitlab-ce, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/30

脆弱性公開日: 2022/7/28

参照情報

CVE: CVE-2022-2095, CVE-2022-2303, CVE-2022-2307, CVE-2022-2326, CVE-2022-2417, CVE-2022-2456, CVE-2022-2459, CVE-2022-2497, CVE-2022-2498, CVE-2022-2499, CVE-2022-2500, CVE-2022-2501, CVE-2022-2512, CVE-2022-2531, CVE-2022-2534, CVE-2022-2539

IAVA: 2022-A-0302-S