CentOS 8:mariadb:10.5 (CESA-2022: 5826)

high Nessus プラグイン ID 163712

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートの CentOS Linux 8 ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2022: 5826 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- mariadb: VIEW、集約、およびサブクエリでクエリを実行するとクラッシュする (CVE-2021-46659)

- mariadb: MariaDB を使用すると、未使用の共通テーブル式 (CTE) を介して、find_field_in_tables および find_order_in_list でアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46661)

- mariadb:10.5.13 までの MariaDB では、特定の SELECT ステートメントによる ha_maria: : の追加のアプリケーションクラッシュが可能 (CVE-2021-46663)

- mariadb:10.5.9 までの MariaDB を使用すると、aggg の NULL 値に対して sub_select_postjoin_aggr でアプリケーションがクラッシュする可能性がある (CVE-2021-46664)

- mariadb:10.5.9 までの MariaDB を使用すると、used_tables の予期しない結果により、sql_parse.cc アプリケーションがクラッシュする可能性がある (CVE-2021-46665)

- mariadb:10.5.9 までの MariaDB を使用すると、特定の長い SELECT DISTINCT ステートメントを介してアプリケーションがクラッシュする可能性がある (CVE-2021-46668)

- mariadb:10.5.9 までの MariaDB を使用すると、BIGINT データタイプが使用されている場合、攻撃者が convert_const_to_int のメモリ解放後使用 (Use After Free) をトリガーする可能性がある (CVE-2021-46669)

- mariadb: ユーザー指定のデータを固定長のスタックベースバッファにコピーする前に、その長さが適切に検証されない (CVE-2022-24048)

- mariadb: オブジェクトで処理を実行する前に、オブジェクトの存在を検証しない (CVE-2022-24050)

- mariadb: ユーザー指定の文字列を書式指定子として使用する前に適切に検証されない (CVE-2022-24051)

- mariadb: CONNECT ストレージエンジンのヒープベースのバッファオーバーフロー (CVE-2022-24052)

- mariadb: Item_args: : walk_arg のアサーション失敗 (CVE-2022-27376)

- mariadb: ブロブに複雑な変換が含まれる場合の use-after-poison (CVE-2022-27377)

- mariadb: create_tmp_table: : finalize でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27378)

- mariadb: コンポーネント arg_comparator: : compare_real_fixed でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27379)

- mariadb: my_decimal: : operator= でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27380)

- mariadb: 特別に細工された SQL ステートメントによる Field: : set_default でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27381)

- mariadb: コンポーネント Item_field: : used_tables/update_depend_map_for_order によるアサーション失敗 (CVE-2022-27382)

- mariadb: ctype-simple.c の my_strcasecmp_8bit() の use-after-poison (CVE-2022-27383)

- mariadb: コンポーネント Item_subselect: : init_expr_cache_tracker でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27384)

- mariadb: ビューからの SELECT 時の query_arena: : set_query_arena でのサーバークラッシュ (CVE-2022-27386)

- mariadb: decimal_bin_size のアサーション失敗 (CVE-2022-27387)

- mariadb: 等価で NOT EXIST 述部を持つ HAVING を使用するとクラッシュする (CVE-2022-27444)

- mariadb: compare_order_elements のアサーション失敗 (CVE-2022-27445)

- mariadb: 等価で IS NULL 述部を持つ HAVING を使用するとクラッシュする (CVE-2022-27446)

- mariadb: Binary_string: : free_buffer の use-after-poison (CVE-2022-27447、CVE-2022-27458)

- mariadb: マルチ更新および暗黙のグループ化でのクラッシュ (CVE-2022-27448)

- mariadb: sql/item_func.cc のアサーション失敗 (CVE-2022-27449)

- mariadb: ORDER BY の式のウィンドウ関数によるクラッシュ (CVE-2022-27451)

- mariadb: sql/item_cmpfunc.cc のアサーション失敗 (CVE-2022-27452)

- mariadb: WHERE が HAVING に外部参照を持つサブクエリを持っている場合のメモリ解放後使用 (Use-After-Free) (CVE-2022-27455)

- mariadb: VDec: : VDec (/sql/sql_type.cc) のアサーション失敗 (CVE-2022-27456)

- mariadb: 長い一意の後の dup 値エラーが正しくない (CVE-2022-27457)

- mariadb: extra/mariabackup/ds_compress.cc の未リリースのロックによる不適切なロック (CVE-2022-31622、CVE-2022-31623)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける Judy パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2022:5826

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163712

ファイル名: centos8_RHSA-2022-5826.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/8/2

更新日: 2022/8/2

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24052

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8, p-cpe:/a:centos:centos:Judy

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/2

脆弱性公開日: 2022/1/29

参照情報

CVE: CVE-2021-46659, CVE-2021-46661, CVE-2021-46663, CVE-2021-46664, CVE-2021-46665, CVE-2021-46668, CVE-2021-46669, CVE-2022-24048, CVE-2022-24050, CVE-2022-24051, CVE-2022-24052, CVE-2022-27376, CVE-2022-27377, CVE-2022-27378, CVE-2022-27379, CVE-2022-27380, CVE-2022-27381, CVE-2022-27382, CVE-2022-27383, CVE-2022-27384, CVE-2022-27386, CVE-2022-27387, CVE-2022-27444, CVE-2022-27445, CVE-2022-27446, CVE-2022-27447, CVE-2022-27448, CVE-2022-27449, CVE-2022-27451, CVE-2022-27452, CVE-2022-27455, CVE-2022-27456, CVE-2022-27457, CVE-2022-27458, CVE-2022-31622, CVE-2022-31623

RHSA: 2022:5826