LibreOffice < 7.2.7/ 7.3.2不適切な証明書検証 (macOS)

high Nessus プラグイン ID 163765

概要

7.2.7 または 7.3.2より前の、Document Foundation LibreOffice バージョンに、入力検証の脆弱性が存在します。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されている LibreOffice アプリケーションは、7.2.7 または 7.3.2より前です。したがって、不適切な証明書検証の脆弱性の影響を受け、マクロが信頼できる作成者によって署名されているかどうかを判断する際に、使用される証明書のシリアル番号と発行者文字列を、信頼できる証明書のものと照合するのみです。これではマクロが実際に証明書で署名されていることを検証するには不十分です。
したがって、攻撃者がシリアル番号と信頼できる証明書と同一の発行者文字列を使って任意の証明書を作成し、LibreOffice が信頼できる作成者のものであると提示し、ユーザーが不適切に信頼されたマクロに含まれる任意のコードを実行する可能性があります ( CVE-2022-26305)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

LibreOfficeバージョン7.2.7、7.3.2以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d91e2728

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163765

ファイル名: macos_libreoffice_732.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2022/8/3

更新日: 2022/10/18

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-26305

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:libreoffice:libreoffice

必要な KB アイテム: installed_sw/LibreOffice, Host/MacOSX/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/25

脆弱性公開日: 2022/7/25

参照情報

CVE: CVE-2022-26305

IAVB: 2022-B-0024-S