SUSE SLES15 / openSUSE 15 セキュリティ更新:java-1_8_0-ibm (SUSE-SU-2022:2650-1)

high Nessus プラグイン ID 163805

Language:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES15 / openSUSE 15 ホストには、SUSE-SU-2022:2650-1 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Oracle Java SEのJava SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition製品の脆弱性 (コンポーネント:
ユーティリティ)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Java SE: 7u311、8u301、11.0.12、17。Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.3および21.2.0です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2021-35561)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JAXP)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u321、8u311、11.0.13、17.01;
Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.4および21.3.0です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。
注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21299)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JAXP)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE: 7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21426)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21434)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2で構成されています。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition の部分的なサービス拒否 (部分的 DOS) が権限なしで引き起こされる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21443)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:17.0.2 および 18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition :21.3.1 および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、重要なデータや Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるすべてのデータが権限なしで作成、削除、変更される可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21449)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: Libraries)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、重要なデータに不正にアクセスしたり、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスしたりできる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。(CVE-2022-21476)

- Oracle Java SE の Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition 製品の脆弱性 (コンポーネント: JNDI)。サポートされているバージョンで影響を受けるのは、Oracle Java SE:7u331、8u321、11.0.14、17.0.2、18 と Oracle GraalVM Enterprise Edition:20.3.5、21.3.1、および 22.0.0.2 です。容易に悪用できる脆弱性により、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition を侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Java SE、Oracle GraalVM Enterprise Edition がアクセスできるデータの一部に権限なしで更新アクセス、挿入アクセス、または削除アクセスが行われる可能性があります。注: この脆弱性は、通常、サンドボックス化された Java Web Start アプリケーションまたはサンドボックス化された Java アプレットを実行しているクライアントで信頼できないコード (インターネットからのコードなど) を読み込んで実行し、セキュリティを Java サンドボックスに依存する Java デプロイメントが対象です。この脆弱性は、指定されたコンポーネントで API を使用することによって (例えば API にデータを提供する Web サービスを通して) 悪用される可能性もあります。
(CVE-2022-21496)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/1191912

https://bugzilla.suse.com/1194931

https://bugzilla.suse.com/1198670

https://bugzilla.suse.com/1198671

https://bugzilla.suse.com/1198672

https://bugzilla.suse.com/1198673

https://bugzilla.suse.com/1198674

https://bugzilla.suse.com/1198675

https://bugzilla.suse.com/1201643

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-35561

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21299

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21426

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21434

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21443

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21449

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21476

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21496

http://www.nessus.org/u?af277c6a

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163805

ファイル名: suse_SU-2022-2650-1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/8/4

更新日: 2023/7/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21496

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21476

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-alsa, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_8_0-ibm-plugin, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/3

脆弱性公開日: 2021/10/19

参照情報

CVE: CVE-2021-35561, CVE-2022-21299, CVE-2022-21426, CVE-2022-21434, CVE-2022-21443, CVE-2022-21449, CVE-2022-21476, CVE-2022-21496

SuSE: SUSE-SU-2022:2650-1