Oracle Linux 8:mariadb:10.5 (ELSA-2022-5826)

high Nessus プラグイン ID 163808

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2022-5826 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 10.7.2より前の MariaDB では、SELECT_LEX: : nest_level が各 VIEW に対してローカルであることを認識しないため、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46659)

- 10.5.9 までの MariaDB では、一時データ構造のストレージエンジンリソース制限と不適切に相互作用する特定の長い SELECT DISTINCT ステートメントを介して、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。
(CVE-2021-46668)

- MariaDB CONNECT ストレージエンジンのスタックベースのバッファオーバーフローの権限昇格の脆弱性。この脆弱性により、ローカルの攻撃者が、影響を受ける MariaDB のインストールの際に権限を昇格する可能性があります。
この脆弱性を悪用するには、認証が必要です。SQL クエリの処理に特定の欠陥が存在します。この問題は、ユーザー指定のデータを固定長のスタックベースバッファにコピーする前に、その長さが適切に検証されないことが原因です。攻撃者がこの脆弱性を利用して、権限を昇格させ、サービスアカウントのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。ZDI-CAN-16191 でした。
(CVE-2022-24048)

- MariaDB Server v10.6.3 以前では、以下のコンポーネントにメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が含まれていることがわかりました。Item_func_in: : cleanup()。これは特別に細工された SQL ステートメントを使用して悪用されます。(CVE-2022-27377)

- コンポーネント Field: : set_default (MariaDB Server v10.6 以前) の問題では、攻撃者が特別に細工された SQL ステートメントを介してサービス拒否 (DoS) を引き起こす可能性があることがわかりました。(CVE-2022-27381)

- MariaDB Server v10.7 以前には、以下のコンポーネントのセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。Item_field: : used_tables/update_depend_map_for_order。(CVE-2022-27382)

- MariaDB Server v10.6 以前では、コンポーネント my_strcasecmp_8bit にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が含まれていることが発見されました。これは、特別に細工された SQL ステートメントを介して悪用されます。(CVE-2022-27383)

- MariaDB Server v10.9 以前には、コンポーネント sql/item_subselect.cc のセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27444)

- MariaDB Server v10.9 以前では、以下のコンポーネントを介したメモリ解放後使用 (use-after-free) が含まれていることがわかりました。Binary_string: : free_buffer() (/sql/sql_string.h) (CVE-2022-27447)

- MariaDB Server v10.9 以前で、/row/row0mysql.cc の「node-> pcur-> rel_pos == BTR_PCUR_ON」によるアサーションエラーが発生します。 (CVE-2022-27448)

- MariaDB Server v10.9 以前には、以下のコンポーネントのセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。sql/item_func.cc: 148. (CVE-2022-27449)

- MariaDB Server v10.6.3 以前では、コンポーネント my_wildcmp_8bit_impl at /strings/ctype-simple.c にメモリ解放後使用 (use-after-free) が含まれていることがわかりました。(CVE-2022-27455)

- MariaDB Server v10.6.3 以前では、以下のコンポーネントにメモリ解放後使用 (use-after-free) が含まれていることがわかりました。Binary_string: : free_buffer() (/sql/sql_string.h) (CVE-2022-27458)

- 10.5.9までの MariaDB により、未使用の共通テーブル式 (CTE) を介して、find_field_in_tables および find_order_in_list でアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46661)

-MariaDB 10.5.13まででは、ha_maria: : 特定の SELECT ステートメントによる追加のアプリケーションクラッシュが可能です。
(CVE-2021-46663)

- 10.5.9までの MariaDB により、aggg の NULL 値に対して sub_select_postjoin_aggr でアプリケーションがクラッシュする可能性があります。
(CVE-2021-46664)

- MariaDB 10.5.9まででは、used_tables の予期しない結果により、sql_parse.cc アプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46665)

- 10.5.9 までの MariaDB により、BIGINT データタイプが使用されている場合、攻撃者が convert_const_to_int のメモリ解放後使用 (Use After Free) をトリガーする可能性があります。(CVE-2021-46669)

- MariaDB CONNECT ストレージエンジンのメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の権限昇格の脆弱性。この脆弱性により、ローカルの攻撃者が、影響を受ける MariaDB のインストールの際に権限を昇格する可能性があります。この脆弱性を悪用するには、認証が必要です。SQL クエリの処理に特定の欠陥が存在します。この問題は、オブジェクトで処理を実行する前に、オブジェクトの存在を検証しないことが原因です。攻撃者がこの脆弱性を利用して、権限を昇格させ、サービスアカウントのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。ZDI-CAN-16207 でした。(CVE-2022-24050)

- MariaDB CONNECT ストレージエンジンの書式文字列の権限昇格の脆弱性。この脆弱性により、ローカルの攻撃者が、影響を受ける MariaDB のインストールの際に権限を昇格する可能性があります。この脆弱性を悪用するには、認証が必要です。SQL クエリの処理に特定の欠陥が存在します。この問題は、ユーザー指定の文字列を書式指定子として使用する前に適切に検証されないことが原因です。攻撃者がこの脆弱性を利用して、権限を昇格させ、サービスアカウントのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。ZDI-CAN-16193でした。(CVE-2022-24051)

- MariaDB CONNECT ストレージエンジンのヒープベースのバッファオーバーフローの権限昇格の脆弱性。この脆弱性により、ローカルの攻撃者が、影響を受ける MariaDB のインストールの際に権限を昇格する可能性があります。
この脆弱性を悪用するには、認証が必要です。SQL クエリの処理に特定の欠陥が存在します。この問題は、ユーザー指定のデータを固定長のヒープベースバッファにコピーする前に、その長さが適切に検証されないことが原因です。攻撃者がこの脆弱性を利用して、権限を昇格させ、サービスアカウントのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。ZDI-CAN-16190 でした。
(CVE-2022-24052)

- MariaDB Server v10.6.5 以前では、以下のコンポーネントにメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が含まれていることがわかりました。Item_args: : walk_arg。これは特別に細工された SQL ステートメントを使用して悪用されます。(CVE-2022-27376)

- コンポーネント Create_tmp_table: : finalize (MariaDB Server v10.7 以前) の問題では、攻撃者が特別に細工された SQL ステートメントを介してサービス拒否 (DoS) を引き起こす可能性があることがわかりました。(CVE-2022-27378)

- コンポーネント Arg_comparator: : compare_real_fixed (MariaDB Server v10.6.2 以前) の問題では、攻撃者が特別に細工された SQL ステートメントを介してサービス拒否 (DoS) を引き起こす可能性があることがわかりました。
(CVE-2022-27379)

- コンポーネント my_decimal: : operator= of (MariaDB Server v10.6.3 以前) の問題では、攻撃者が特別に細工された SQL ステートメントを介してサービス拒否 (DoS) を引き起こす可能性があることがわかりました。(CVE-2022-27380)

- コンポーネント Item_subselect: : init_expr_cache_tracker (MariaDB Server v10.6 以前) の問題では、攻撃者が特別に細工された SQL ステートメントを介してサービス拒否 (DoS) を引き起こす可能性があることがわかりました。
(CVE-2022-27384)

- MariaDB Server v10.7 以前には、sql/sql_class.cc コンポーネントのセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27386)

- MariaDB Server v10.7 以前では、コンポーネント decimal_bin_size にグローバルバッファオーバーフローが含まれていることが発見されました。これは、特別に細工された SQL ステートメントを介して悪用されます。(CVE-2022-27387)

- MariaDB Server v10.9 以前には、sql/sql_window.cc コンポーネントのセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27445)

- MariaDB Server v10.9 以前には、コンポーネント sql/item_cmpfunc.h のセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27446)

- MariaDB Server v10.9 以前には、sql/field_conv.cc コンポーネントのセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27451)

- MariaDB Server v10.9 以前には、コンポーネント sql/item_cmpfunc.cc のセグメンテーション違反が含まれていることが発見されました。(CVE-2022-27452)

- MariaDB Server v10.6.3 以前では、以下のコンポーネントにメモリ解放後使用 (use-after-free) が含まれていることがわかりました。VDec: : VDec (/sql/sql_type.cc)。(CVE-2022-27456)

- MariaDB Server v10.6.3 以前では、/strings/ctype-latin1.c のコンポーネント my_mb_wc_latin1 にメモリ解放後使用 (use-after-free) が含まれていることがわかりました。(CVE-2022-27457)

- 10.7 より前の MariaDB サーバーは、サービス拒否に対して脆弱です。extra/mariabackup/ds_compress.cc で、メソッド create_worker_threads の実行中にエラーが発生する (pthread_create がゼロ以外の値を返す) と、保持していたロックが正しく解除されず、デッドロックのためにローカルユーザーがサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-31622)

- 10.7 より前の MariaDB サーバーは、サービス拒否に対して脆弱です。extra/mariabackup/ds_compress.cc で、メソッド create_worker_threads の実行中にエラーが発生する (例: err ラベルに移動する) と、保持していたロック thd->ctrl_mutex が正しく解除されず、デッドロックのためにローカルユーザーがサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-31623)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-5826.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 163808

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-5826.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/8/4

更新日: 2023/10/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24052

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:judy, p-cpe:/a:oracle:linux:galera, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-backup, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-common, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-embedded, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-embedded-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-errmsg, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-gssapi-server, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-oqgraph-engine, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-pam, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-server, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-server-galera, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-server-utils, p-cpe:/a:oracle:linux:mariadb-test

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/3

脆弱性公開日: 2022/1/29

参照情報

CVE: CVE-2021-46659, CVE-2021-46661, CVE-2021-46663, CVE-2021-46664, CVE-2021-46665, CVE-2021-46668, CVE-2021-46669, CVE-2022-24048, CVE-2022-24050, CVE-2022-24051, CVE-2022-24052, CVE-2022-27376, CVE-2022-27377, CVE-2022-27378, CVE-2022-27379, CVE-2022-27380, CVE-2022-27381, CVE-2022-27382, CVE-2022-27383, CVE-2022-27384, CVE-2022-27386, CVE-2022-27387, CVE-2022-27444, CVE-2022-27445, CVE-2022-27446, CVE-2022-27447, CVE-2022-27448, CVE-2022-27449, CVE-2022-27451, CVE-2022-27452, CVE-2022-27455, CVE-2022-27456, CVE-2022-27457, CVE-2022-27458, CVE-2022-31622, CVE-2022-31623