FreeBSD: Unbound -- 複数の脆弱性 (bc43a578-14ec-11ed-856e-d4c9ef517024)

medium Nessus プラグイン ID 163892

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、bc43a578-14ec-11ed-856e-d4c9ef517024 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- バージョン 1.16.1 までの NLnet Labs Unbound は、新しいタイプのゴーストドメイン名攻撃に対して脆弱です。この脆弱性は、Unbound インスタンスをターゲットにすることで機能します。Unbound は、不正なドメイン名のサブドメインを照会されます。不正なネームサーバーが、Unbound の委任キャッシュを更新するサブドメインの委任情報を返します。不正なネームサーバーが新しい委任情報を提供する第 2 レベルのサブドメインについて Unbound をクエリすることで、委任情報の期限が切れる前にこのアクションを繰り返すことができます。Unbound は子中心のリゾルバーであるため、絶えず更新される子の委任情報により、失効した後も長い間、不正なドメイン名を解決可能な状態に保つことができます。バージョン 1.16.2 以降、Unbound はキャッシュされた委任情報を使用する前に親委任レコードの有効性をチェックします。
(CVE-2022-30698)

- バージョン 1.16.1 までの NLnet Labs Unbound は、新しいタイプのゴーストドメイン名攻撃に対して脆弱です。この脆弱性は、Unbound インスタンスをターゲットにすることで機能します。キャッシュされた委任情報の有効期限が近づくと、Unbound が不正なドメイン名を照会されます。不正なネームサーバーが応答を遅延させるため、キャッシュされた委任情報が期限切れになります。委任情報を含む遅延回答を受信すると、Unbound は現在期限切れのエントリを上書きします。委任情報が失効しそうなときにこのアクションを繰り返すと、不正な委任情報が更新される可能性があります。バージョン 1.16.2 以降、Unbound はクエリの開始時間を保存し、それを使用して、キャッシュされた委任情報を上書きできるかどうかを判断します。(CVE-2022-30699)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.nlnetlabs.nl/projects/unbound/security-advisories/

http://www.nessus.org/u?146dd999

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 163892

ファイル名: freebsd_pkg_bc43a57814ec11ed856ed4c9ef517024.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/8/6

更新日: 2022/8/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-30699

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:unbound, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/5

脆弱性公開日: 2022/8/1

参照情報

CVE: CVE-2022-30698, CVE-2022-30699