VMware Workspace One Access/VMware Identity Manager の複数の脆弱性 (VMSA-2022-0021)

critical Nessus プラグイン ID 163939

概要

リモートホストで実行されている ID ストアブローカーアプリケーションは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されている VMware Workspace One Access (以前の VMware Identity Manager) アプリケーションは、以下の脆弱性の影響を受けます。

- ローカルドメインユーザーに影響する認証バイパスの脆弱性。UI へのネットワークアクセス権を持つ悪意のある攻撃者が、認証を必要とせずに管理アクセス権を取得できる可能性があります。(CVE-2022-31656)

- リモートコード実行の脆弱性。管理者権限およびネットワークアクセス権を持つ悪意のある攻撃者が、リモートコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-31658)

- リモートコード実行の脆弱性。管理者権限およびネットワークアクセス権を持つ悪意のある攻撃者が、リモートコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-31659)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョンにのみ依存しています。

ソリューション

VMSA-2022-0021 のアドバイザリに従って、VMware Workspace One Access / VMware Identity Manager に HW-160130 ホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2022-0021.html

https://core.vmware.com/vmsa-2022-0021-questions-answers-faq

https://kb.vmware.com/s/article/89096

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 163939

ファイル名: vmware_workspace_one_access_VMSA-2022-0021.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/8/9

更新日: 2022/12/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-31656

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:identity_manager, cpe:/a:vmware:workspace_one_access

必要な KB アイテム: installed_sw/VMware Workspace ONE Access

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/2

脆弱性公開日: 2022/8/2

エクスプロイト可能

Metasploit (VMware Workspace ONE Access CVE-2022-31660)

参照情報

CVE: CVE-2022-31656, CVE-2022-31657, CVE-2022-31658, CVE-2022-31659, CVE-2022-31660, CVE-2022-31661, CVE-2022-31662, CVE-2022-31663, CVE-2022-31664, CVE-2022-31665

VMSA: 2022-0021

IAVA: 2022-A-0303

CEA-ID: CEA-2022-0027