OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2022-0021)

high Nessus プラグイン ID 164040

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています。

- Linux カーネルの kernel/cgroup/cgroup-v1.c 関数の cgroup_release_agent_write に脆弱性が見つかりました。特定の状況下で、この欠陥により、cgroups v1 release_agent 機能を使用して権限を昇格させ、名前空間の分離を予期せずバイパスする可能性があります。
(CVE-2022-0492)

- 5.18.1までの Linux カーネルの net/netfilter/nf_tables_api.c では、不適切な NFT_STATEFUL_EXPR チェックにより、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生し、ローカルユーザー (user/net 名前空間を作成可能) が権限を root に昇格させることができます。(CVE-2022-32250)

- 5.17.6より前の Linux カーネルの drivers/block/floppy.c は、サービス拒否に対して脆弱です。これは、raw_cmd_ioctl 関数で raw_cmd を解放した後に同時使用によるメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が原因です。
(CVE-2022-33981)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-0492.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-32250.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-33981.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2022-0021.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164040

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2022-0021.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2022/8/10

更新日: 2022/8/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32250

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/2

脆弱性公開日: 2022/2/4

参照情報

CVE: CVE-2022-0492, CVE-2022-32250, CVE-2022-33981