Splunk Universal Forwarder < 9.0 の安全でないデフォルト構成

high Nessus プラグイン ID 164077

概要

リモートの Web サーバーホストで実行されているアプリケーションは、安全でないデフォルト構成の影響を受けます。

説明

9.0 より前のバージョンの Universal Forwarder では、管理サービスがデフォルトでリモートで利用可能です。必要でない場合、潜在的な漏洩を引き起こしますが、脆弱性ではありません。漏洩した場合は、各顧客が環境に固有の潜在的な重要度を評価することを推奨します。Splunk 9.0 では、Universal Forwarder が管理ポートをローカルホストにバインドすることで、デフォルトでリモートログインを防止するようになりました。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Splunk Universal Forwarder をバージョン 9.0 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?19a85742

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164077

ファイル名: splunk_900_cve-2022-32155.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/8/11

更新日: 2022/9/23

構成: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-32155

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:splunk:universal_forwarder

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/6/14

脆弱性公開日: 2022/6/14

参照情報

CVE: CVE-2022-32155

IAVA: 2022-A-0251-S