Intel Active Management Technology (AMT) の複数の脆弱性 (INTEL-SA-00709) (リモート チェック)

critical Nessus プラグイン ID 164086

概要

リモート ホストの管理エンジンは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート ホストの Intel Management Engine で Active Management Technology (AMT) が有効になっており、自己報告されたバージョンによると、以下のような複数の脆弱性が含まれています:

- Intel(R) AMT および Intel(R) Standard Manageability の認証情報の保護が不十分なため、認証されていないユーザーがネットワーク アクセスを介して情報漏洩および権限昇格を可能にする可能性があります。(CVE-2022-30601)

- Intel(R) AMT および Intel(R) Standard Manageability の認証情報の保護が不十分なため、特権ユーザーがローカル アクセスを介して情報漏洩を可能にする可能性があります。(CVE-2022-30944)

- Intel(R) AMT および Intel(R) Standard Manageability のファームウェアのアクセス制御が不適切なため、認証されていないユーザーが物理アクセスを介して特権昇格を可能にする可能性があります。(CVE-2022-28697)


Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイスに従って更新されたファームウェアについては、システム OEM にお問い合わせください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d5e4e51d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 164086

ファイル名: intel_sa_00709.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/8/12

更新日: 2022/12/7

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-30601

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:intel:active_management_technology, cpe:/o:intel:active_management_technology_firmware

必要な KB アイテム: installed_sw/Intel Active Management Technology

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/9

脆弱性公開日: 2022/8/9

参照情報

CVE: CVE-2022-28697, CVE-2022-30601, CVE-2022-30944

IAVA: 2022-A-0327