Splunk Enterprise 8.1 < 8.1.11、8.2.0 < 8.2.7.1 / Universal Forwarder 8.1 < 8.1.11、8.2.0 < 8.2.7.1 (SVD-2022-0803)

medium Nessus プラグイン ID 164329

概要

リモートのWebサーバーホストで実行されているアプリケーションは、脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Splunk のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、SVD-2022-0803 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 次の表の Splunk Enterprise および Universal Forwarder のバージョンでは、ファイル監視入力を使用して特別に細工された ZIP ファイルをインデックス化すると、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。アプリケーションを再起動しようとすると、クラッシュが発生し、無効な形式のファイルを手動で削除する必要があります。
(CVE-2022-37439)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

Splunk Enterprise および Universal Forwarder のお客様は、バージョンを 8.1.11、8.2.7.1、またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?06538c78

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 164329

ファイル名: splunk_8271_cve-2022-37439.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/8/22

更新日: 2022/12/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:S/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-37439

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:splunk:splunk, cpe:/a:splunk:universal_forwarder

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/16

脆弱性公開日: 2022/8/16

参照情報

CVE: CVE-2022-37439

CWE: 409