Slackware Linux 15.0/ current mozilla-thunderbird の複数の脆弱性 (SSA:2022-235-03)

critical Nessus プラグイン ID 164363

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、mozilla-thunderbird のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている mozilla-thunderbird のバージョンは、102.2.0 / 91.13.0より前です。したがって、SSA:2022-235-03 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 攻撃者は XSLT のエラー処理を悪用して、攻撃者がコントロールするコンテンツをアドレスバーに表示された別の生成元と関連付けた可能性があります。これは、偽装された生成元に対してデータを送信するようユーザーを騙すために使用された可能性があります。(CVE-2022-38472)

- XSLT ドキュメントを参照するクロスオリジン iframe は、親ドメインの許可を継承する可能性があります (マイクまたはカメラアクセスなど)。(CVE-2022-38473)

- Mozilla Fuzzing Team のメンバーは、Thunderbird 102.1 および Thunderbird 91.12 に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-38478)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける mozilla-thunderbird のパッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 164363

ファイル名: Slackware_SSA_2022-235-03.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/8/23

更新日: 2022/9/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-38478

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:mozilla-thunderbird, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/8/23

参照情報

CVE: CVE-2022-38472, CVE-2022-38473, CVE-2022-38478

IAVA: 2022-A-0342-S