Oracle Linux 8: Firefox (ELSA-2022-6175)

high Nessus プラグイン ID 164424

概要

リモートの Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 8 ホストに、ELSA-2022-6175 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Mozilla Fuzzing Team のメンバーは、Thunderbird 102.1 および Thunderbird 91.12 に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-38478)

- 攻撃者は XSLT のエラー処理を悪用して、攻撃者がコントロールするコンテンツをアドレスバーに表示された別の生成元と関連付けた可能性があります。これは、偽装された生成元に対してデータを送信するようユーザーを騙すために使用された可能性があります。(CVE-2022-38472)

- Mozilla: クロスオリジン XSLT ドキュメントは、親の権限を継承する可能性があります (CVE-2022-38473)

- <code>PK11ChangePW</code> 関数でデータ競合が発生し、メモリ解放後使用 (Use After Free) の脆弱性につながる可能性があります。Thunderbird では、ユーザーがマスターパスワードを変更した際に、このロックがデータを保護しました。
(CVE-2022-38476)

- Mozilla 開発者の Nika Layzell 氏および Mozilla Fuzzing Team は、Thunderbird 102.1に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2022-38477)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける Firefox パッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2022-6175.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164424

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2022-6175.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/8/25

更新日: 2023/1/2

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-38478

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:firefox

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/25

脆弱性公開日: 2022/8/23

参照情報

CVE: CVE-2022-38472, CVE-2022-38473, CVE-2022-38476, CVE-2022-38477, CVE-2022-38478

IAVA: 2022-A-0339-S