Jenkins プラグインの複数の脆弱性 (2022 年 8 月 23 日)

medium Nessus プラグイン ID 164452

概要

リモートの Web サーバーホストで実行されているアプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告によるバージョン番号によると、リモート Web サーバー上で実行されているバージョンの Jenkins プラグインは、次の複数の脆弱性の影響を受けます。

- Jenkins Git プラグイン 4.11.4 以前では、Git ユーザー名およびパスワード (「gitUsernamePassword」) 認証情報バインディングによって提供されるビルドログで、認証情報が適切にマスク (アスタリスクで置換) されません。
(CVE-2022-38663)

- Jenkins Job Configuration History プラグイン 1165.v8cc9fd1f4597 以前では、System Configuration History ページでジョブ名がエスケープされないため、攻撃者がジョブ名を設定できる格納型クロスサイトスクリプティング (XSS) の脆弱性を悪用する可能性があります。(CVE-2022-38664)

- Jenkins CollabNet Plugins プラグイン 2.0.8 以前では、Jenkins コントローラーのグローバル構成ファイルに暗号化されていない RabbitMQ パスワードが保存されます。Jenkins コントローラーファイルシステムへのアクセス権があるユーザーはそれを閲覧することが可能です。(CVE-2022-38665)

- Kubernetes Java Client ライブラリで特別に細工された yaml をロードすると、コードの実行を引き起こす可能性があります。
(CVE-2021-25738)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Jenkins プラグインを次のバージョンに更新してください。
- CollabNet Plugins プラグインのバージョン 2.0.9 以降
- Git プラグインのバージョン 4.11.5 以降
- バージョン 1166.vc9f255f45b_8a 以降への Job Configuration History プラグイン
- Kubernetes Continuous Deploy プラグイン: ベンダーのアドバイザリを参照してください

詳細については、ベンダーアドバイザリを参照してください。

関連情報

https://jenkins.io/security/advisory/2022-08-23

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 164452

ファイル名: jenkins_security_advisory_2022-08-23_plugins.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/8/26

更新日: 2022/8/26

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-25738

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cloudbees:jenkins, cpe:/a:jenkins:jenkins

必要な KB アイテム: installed_sw/Jenkins

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/23

脆弱性公開日: 2021/10/11

参照情報

CVE: CVE-2021-25738, CVE-2022-38663, CVE-2022-38664, CVE-2022-38665