FreeBSD : Matrix clients -- several vulnerabilities (e4d93d07-297a-11ed-95f8-901b0e9408dc)

high Nessus プラグイン ID 164623

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、e4d93d07-297a-11ed-95f8-901b0e9408dc のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Matrix チャットプロトコルを使用する Thunderbird ユーザーが、サービス拒否攻撃に対して脆弱でした。ユーザーとルームを共有している攻撃者が、影響を受けるクライアントに対して攻撃を実行する機能を持っているため、ユーザーのすべてのルームやスペースが表示されないか、一時的な軽微な破損が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2022-36059)

- マトリクス開発者レポート: ユーザーとルームを共有している攻撃者が、影響を受けるクライアントに対してサービス拒否攻撃を実行する機能を持っているため、ユーザーのすべてのルームやスペースが表示されないか、一時的な軽微な破損が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2022-36060)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?c88f542b

http://www.nessus.org/u?93a7f055

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164623

ファイル名: freebsd_pkg_e4d93d07297a11ed95f8901b0e9408dc.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2022/9/1

更新日: 2022/9/1

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-36060

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:freebsd:freebsd:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:cinny:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:element-web:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/31

脆弱性公開日: 2022/8/31

参照情報

CVE: CVE-2022-36059, CVE-2022-36060