EMC Data Protection Advisor < 19.7 ビルド B4 XSS (DSA-2022-107)

medium Nessus プラグイン ID 164651

概要

リモートアプリケーションは、クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受けることがあります。

説明

自己報告されたバージョンによると、アプリケーションは19.7 ビルド B4 以前のバージョンです。したがって、蓄積型のクロスサイトスクリプティングの脆弱性による影響を受けます。被害者のユーザーが送信されたデータストアにブラウザでアクセスすると、脆弱な Web アプリケーションのコンテキストで Web ブラウザによって悪意のあるコードが実行されます。悪用により、情報漏洩、セッションの盗難、クライアント側のリクエスト偽造が発生する可能性があります。

注意: Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています

ソリューション

EMC Data Protection Advisor をバージョン 19.7 ビルド B4 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cf340180

http://www.nessus.org/u?bc70cb23

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 164651

ファイル名: emc_dpa_dsa-2022-107.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/9/2

更新日: 2022/12/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-33935

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:emc:data_protection_advisor

必要な KB アイテム: installed_sw/EMC Data Protection Advisor

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/25

脆弱性公開日: 2022/7/25

参照情報

CVE: CVE-2022-33935

IAVB: 2022-B-0030