IBM Cognos Analytics の複数の脆弱性(6616285)

critical Nessus プラグイン ID 164652

概要

リモート Web アプリケーションは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている IBM Cognos Analytics のバージョンは、以下のような複数の脆弱性の影響を受けます。

- Node.js 用の ejs (別名 Embedded JavaScript テンプレート) パッケージ 3.1.6 では、設定 [表示オプション] [outputFunctionName] でサーバー側のテンプレートインジェクションが可能です。これは内部オプションとして解析され、(テンプレートのコンパイル時に実行される) 任意の OS コマンドで outputFunctionName オプションを上書きします。(CVE-2022-29078)

- Node.js 用の 2.0.1 より前の netmask パッケージは、8 進数字の 9 などの IP アドレス文字列の特定の予期しない文字を不適切に処理します。これにより (場合によっては)、攻撃者が IP アドレスに基づいたアクセスコントロールをバイパスする可能性があります。注: この問題は、CVE-2021-28918に対する修正が不完全なために存在します。
(CVE-2021-29418)

- netmask npm パッケージ v1.0.6 以前の 8 進文字列の不適切な入力検証により、認証されていないリモートの攻撃者が、多くの依存パッケージに対して不確定な SSRF、RFI、および LFI 攻撃を実行する可能性があります。認証されていないリモートの攻撃者が、ネットマスクに依存するパッケージをバイパスし、IP をフィルターして重要な VPN または LAN ホストに到達する可能性があります。(CVE-2021-28918)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM Cognos Analytics 11.1.7 FP5、11.2.3またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.ibm.com/support/pages/node/6615285

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 164652

ファイル名: ibm_cognos_6615285.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2022/9/2

更新日: 2022/10/25

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-29078

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:cognos_analytics

必要な KB アイテム: installed_sw/IBM Cognos Analytics

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/31

脆弱性公開日: 2022/8/31

参照情報

CVE: CVE-2020-4301, CVE-2020-28469, CVE-2020-36518, CVE-2021-3749, CVE-2021-3807, CVE-2021-20468, CVE-2021-23438, CVE-2021-28918, CVE-2021-29418, CVE-2021-29823, CVE-2021-39009, CVE-2021-39045, CVE-2021-43797, CVE-2021-44531, CVE-2021-44532, CVE-2021-44533, CVE-2022-21803, CVE-2022-21824, CVE-2022-29078, CVE-2022-30614, CVE-2022-36773

IAVB: 2022-B-0031-S