Amazon Linux 2022 : (ALAS2022-2022-115)

high Nessus プラグイン ID 164752

概要

リモートの Amazon Linux 2022 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

したがって、ALAS2022-2022-115 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Redisは、ディスクに保持されるメモリ内データベースです。Lua スクリプト実行環境の弱点を悪用することで、バージョン 7.0.0または 6.2.7より前の Redis へのアクセス権を持つ攻撃者が、別の Redis ユーザーの (より高い) 権限で実行される Lua コードを注入する可能性があります。Redis の Lua スクリプト実行環境は、スクリプトが永続的な副作用を発生させるのを防ぐいくつかの手段を提供しており、後で、同じスクリプトまたは異なるスクリプトを実行するときに影響を与える可能性があります。これらの手段の複数の弱点は長い間知られていましたが、Redis セキュリティモデルがユーザーや権限の概念を推奨していないため、セキュリティに影響を与えませんでした。Redis 6.0に ACL が導入されたことにより、権限の低いユーザーがこれらの脆弱性を悪用して、権限のあるユーザーが Lua スクリプトを実行する際に、Lua コードを注入する可能性があります。この問題は Redis バージョン 7.0.0および 6.2.7で修正されています。Lua スクリプトが使用されていない場合、redis-server 実行可能ファイルにパッチを適用せずにこの問題を緩和するための追加の回避策は、ACL ルールを使用して「SCRIPT LOAD」および「EVAL」コマンドへのアクセスをブロックすることです。(CVE-2022-24735)

- Redisは、ディスクに保持されるメモリ内データベースです。バージョン 6.2.7および 7.0.0より前では、攻撃者が特別に細工された Lua スクリプトをロードしようとすると、NULL ポインターデリファレンスが発生し、redis-server プロセスがクラッシュする可能性があります。この問題は Redis バージョン 7.0.0および 6.2.7で修正されています。Lua スクリプトが使用されていない場合、redis-server 実行可能ファイルにパッチを適用せずにこの問題を緩和するための追加の回避策は、ACL ルールを使用して「SCRIPT LOAD」および「EVAL」コマンドへのアクセスをブロックすることです。
(CVE-2022-24736)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「dnf update --releasever=2022.0.20220719 redis6」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2022/ALAS-2022-115.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24735.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-24736.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164752

ファイル名: al2022_ALAS2022-2022-115.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/9/6

更新日: 2022/9/6

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-24735

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:redis6, p-cpe:/a:amazon:linux:redis6-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:redis6-debugsource, p-cpe:/a:amazon:linux:redis6-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:redis6-doc, cpe:/o:amazon:linux:2022

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/7/20

脆弱性公開日: 2022/4/27

参照情報

CVE: CVE-2022-24735, CVE-2022-24736