Amazon Linux 2022 : (ALAS2022-2022-077)

high Nessus プラグイン ID 164761

概要

リモートの Amazon Linux 2022 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

したがって、ALAS2022-2022-077 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 8.2 より前の GitHub リポジトリ vim/vim における領域外読み取り。(CVE-2022-0393)

- 8.2 より前の GitHub リポジトリ vim/vim におけるスタックベースのバッファオーバーフロー。(CVE-2022-0408、CVE-2022-0629)

- 8.2より前の GitHub リポジトリ vim/vim でのメモリ解放後使用 (Use-After-Free)。(CVE-2022-0413)

- 8.2 より前の GitHub リポジトリ vim/vim のヒープベースのバッファオーバーフロー。(CVE-2022-0417)

- 8.2 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の範囲外のポインターオフセットの使用。(CVE-2022-0554)

- 8.2 より前の GitHub リポジトリ vim/vim におけるヒープベースのバッファオーバーフロー。(CVE-2022-0572)

- 8.2.4418 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の範囲外のポインターオフセットの使用。(CVE-2022-0685)

- 8.2.4428 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の NULL ポインターデリファレンス。(CVE-2022-0696)

- 8.2.4436 より前の GitHub リポジトリ vim/vim におけるヒープベースのバッファオーバーフロー。(CVE-2022-0714)

- 8.2.4440 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の範囲外のポインターオフセットの使用。(CVE-2022-0729)

- 8.2.4563 より前の GitHub リポジトリ vim/vim における vim でヒープベースのバッファオーバーフローが発生します。(CVE-2022-0943)

- 8.2.4646 より前の GitHub リポジトリの vim/vim の utf_ptr2char のメモリ解放後使用 (Use-After-Free)。(CVE-2022-1154)

- 8.2.4647 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の get_one_sourceline のヒープバッファオーバーフロー。(CVE-2022-1160)

- 8.2.4763 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の skip_range におけるヒープベースのバッファオーバーフロー。この脆弱性は、ソフトウェアのクラッシュ、保護メカニズムのバイパス、メモリの変更、リモート実行の可能性があります (CVE-2022-1381)

- 8.2.4774 より前の GitHub リポジトリ vim/vim の範囲外のポインターオフセットの使用。(CVE-2022-1420)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「dnf update --releasever=2022.0.20220518 vim」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2022/ALAS-2022-077.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0393.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0408.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0413.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0417.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0554.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0572.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0629.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0685.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0696.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0714.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0729.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-0943.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1154.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1160.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1381.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1420.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164761

ファイル名: al2022_ALAS2022-2022-077.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/9/6

更新日: 2022/9/6

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1381

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-0729

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:vim-X11, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-X11-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-common, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-common-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-data, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-debugsource, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-default-editor, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-enhanced, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-enhanced-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-filesystem, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-minimal, p-cpe:/a:amazon:linux:vim-minimal-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2022

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/5/18

脆弱性公開日: 2022/1/28

参照情報

CVE: CVE-2022-0393, CVE-2022-0408, CVE-2022-0413, CVE-2022-0417, CVE-2022-0554, CVE-2022-0572, CVE-2022-0629, CVE-2022-0685, CVE-2022-0696, CVE-2022-0714, CVE-2022-0729, CVE-2022-0943, CVE-2022-1154, CVE-2022-1160, CVE-2022-1381, CVE-2022-1420