OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2022-0024)

high Nessus プラグイン ID 164817

概要

リモートの OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています :

-4.20.14より前のLinuxカーネルのmm/mmap.c内のexpand_downwardsにmmapの最小アドレスのチェックがないため、攻撃者がSMAP以外のプラットフォームでカーネルNULLポインターデリファレンスを悪用しやすくなっています。これは、間違ったタスクの機能チェックに関連しています。(CVE-2019-9213)

- 5.16.11までのLinuxカーネルで問題が発見されました。IPID 割り当て方式とハッシュベースの IPID 割り当てポリシーが混合しているため、オフパス攻撃者が被害者の TCP セッションにデータを注入したり、セッションを終了したりする可能性があります。(CVE-2020-36516)

- VT_DISALLOCATE ioctl と tty のクローズ/オープンの間の 5.6.2 より前の Linux カーネルの競合状態により、メモリ解放後使用 (Use After Free) が発生する可能性があります。(CVE-2020-36557)

- VT_RESIZEX に関連する 5.5.7 より前の Linux カーネルの競合状態により、NULL ポインターデリファレンスおよび一般保護違反が発生する可能性があります。(CVE-2020-36558)

- ioctl cmd FBIOPUT_VSCREENINFO によって悪意のあるデータをカーネルに送信すると、カーネルが領域外にメモリを書き込みます。(CVE-2021-33655)

- ioctl cmd PIO_FONT によって悪意のあるデータを伴うフォントを設定すると、カーネルがメモリを領域外に書き込みます。
(CVE-2021-33656)

- ユーザーが write() をトリガーする方法に関して、Linux カーネルの FUSE ファイルシステムにメモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。
この欠陥により、ローカルユーザーが FUSE ファイルシステムからデータへ不正にアクセスし、権限昇格を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-1011)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2019-9213.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-36516.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-36557.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-36558.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-33655.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-33656.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-1011.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-21546.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2022-2588.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2022-0024.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 164817

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2022-0024.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/9/7

更新日: 2022/9/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-36516

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1011

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/6

脆弱性公開日: 2019/3/5

エクスプロイト可能

Metasploit (Reliable Datagram Sockets (RDS) rds_atomic_free_op NULL pointer dereference Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2019-9213, CVE-2020-36516, CVE-2020-36557, CVE-2020-36558, CVE-2021-33655, CVE-2021-33656, CVE-2022-1011, CVE-2022-2588, CVE-2022-21546