Trend Micro Apex One の複数の脆弱性 (000291528)

critical Nessus プラグイン ID 164982

概要

リモート Windows ホストは、複数の脆弱性の影響を受けるアプリケーションを実行しています。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモート Windows ホストで実行されている Trend Micro アプリケーションは、SP1 (サーバービルド 11092 およびエージェントビルド 11088) より前の Apex One です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- Trend Micro Apex One および Trend Micro Apex One as a Service クライアントのロールバックメカニズムで使用される一部のコンポーネントの検証が不適切なために、Apex One サーバー管理者が影響を受けるクライアントに未検証のロールバックパッケージをダウンロードするように指示し、リモートコード実行が発生する可能性があります。(CVE-2022-40139)

- Trend Micro Apex One および Apex One as a Service のオリジン検証エラーの脆弱性により、ローカルの攻撃者が影響を受けるインストールでサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-40140)

- Trend Micro Apex One および Apex One as a Service の脆弱性により、攻撃者が特定の Apex One サーバーの識別属性を含む特定の通信文字列を傍受してデコードする可能性があります。
(CVE-2022-40141)

- Trend Micro Apex One および Trend Micro Apex One as a Service エージェントのローカル権限昇格の脆弱性に続くセキュリティリンクにより、ローカルの攻撃者が任意の場所に書き込み可能なフォルダを作成し、影響を受けるインストールの権限を昇格する可能性があります。(CVE-2022-40142)

- Trend Micro Apex One および Trend Micro Apex One as a Service サーバーのローカル権限昇格の脆弱性に続くリンクにより、ローカルの攻撃者が安全でないディレクトリを悪用し、権限の低いユーザーが、権限を昇格させ、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2022-40143)

- Trend Micro Apex One および Trend Micro Apex One as a Service の脆弱性により、影響を受けるインストールのリクエストパラメーターを偽造することで、攻撃者が製品のログイン認証をバイパスする可能性があります。(CVE-2022-40144)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Apex One SP1 (b11092/11088) 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://success.trendmicro.com/dcx/s/solution/000291528?language=en_US

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 164982

ファイル名: trendmicro_apex_one_000291528.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/9/13

更新日: 2022/9/28

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-40144

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:trendmicro:apex_one

必要な KB アイテム: installed_sw/Trend Micro Apex One

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/13

脆弱性公開日: 2022/9/13

CISAの既知の悪用日: 2022/10/6

参照情報

CVE: CVE-2022-40139, CVE-2022-40140, CVE-2022-40141, CVE-2022-40142, CVE-2022-40143, CVE-2022-40144