KB5017392: Windows Server 2022 セキュリティ更新 (2022 年 9 月)

critical Nessus プラグイン ID 165000

概要

リモートの Windows ホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストにセキュリティ更新 5017392 がありません。したがって、複数の脆弱性の影響を受けます

- HTTP V3 のサービス拒否の脆弱性 (CVE-2022-35838)

- Windows Credential Roaming Service 権限の昇格の脆弱性 (CVE-2022-30170)

- Windows Secure Channel のサービス拒否の脆弱性 (CVE-2022-30196、CVE-2022-35833)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

セキュリティ更新 5017392 を適用してください

関連情報

https://support.microsoft.com/en-us/help/5017316

https://support.microsoft.com/help/5017316

https://support.microsoft.com/en-us/help/5017392

https://support.microsoft.com/help/5017392

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 165000

ファイル名: smb_nt_ms22_sep_5017392.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2022/9/13

更新日: 2022/12/5

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-35840

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/13

脆弱性公開日: 2022/9/13

CISAの既知の悪用日: 2022/10/5

参照情報

CVE: CVE-2022-30170, CVE-2022-30196, CVE-2022-30200, CVE-2022-33647, CVE-2022-33679, CVE-2022-34718, CVE-2022-34719, CVE-2022-34720, CVE-2022-34721, CVE-2022-34722, CVE-2022-34724, CVE-2022-34725, CVE-2022-34726, CVE-2022-34727, CVE-2022-34728, CVE-2022-34729, CVE-2022-34730, CVE-2022-34731, CVE-2022-34732, CVE-2022-34733, CVE-2022-34734, CVE-2022-35803, CVE-2022-35830, CVE-2022-35831, CVE-2022-35832, CVE-2022-35833, CVE-2022-35834, CVE-2022-35835, CVE-2022-35836, CVE-2022-35837, CVE-2022-35838, CVE-2022-35840, CVE-2022-35841, CVE-2022-37954, CVE-2022-37955, CVE-2022-37956, CVE-2022-37958, CVE-2022-37959, CVE-2022-37969, CVE-2022-38005, CVE-2022-38006

MSKB: 5017392

MSFT: MS22-5017392

IAVA: 2022-A-0369-S, 2022-A-0368-S