Amazon Linux 2 : カーネル (ALAS-2022-1838)

high Nessus プラグイン ID 165102

概要

リモートの Amazon Linux 2 ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているカーネルのバージョンは、4.14.291-218.527より前のものです。したがって、ALAS2-2022-1838 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Linux カーネルの Atheros ワイヤレスアダプタードライバーに、ユーザーが ath9k_htc_wait_for_target 関数を強制的に入力メッセージで失敗させる方法で、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) の欠陥が見つかりました。この欠陥によりローカルユーザーがクラッシュさせたり、システムで自分の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2022-1679)

- Linux カーネルの KVM に SynIC IRQ を設定しようとする際の欠陥が見つかりました。この問題により、正しく動作しない VMM が SYNIC/STIMER MSR に書き込み、NULL ポインターデリファレンスを引き起こす可能性があります。この欠陥により、ホスト上の権限のないローカルの攻撃者が特定の ioctl 呼び出しを発行し、サービス拒否を引き起こすカーネル oops 状態を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-2153)

- 一部の Intel(R) プロセッサーでコンテキスト間のリターン予測ターゲットを非透過で共有すると、承認されたユーザーがローカルアクセスを介して情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2022-26373)

- libtiff の tiffcrop ツールに uint32_t アンダーフローがあり、extractContigSamples8bits ルーチンで領域外読み取りと書き込みが発生します。細工されたファイルを tiffcrop に提供する攻撃者が (おそらく、ユーザーを騙して細工されたファイルを tiffcrop で開かせて) この欠陥をトリガーする可能性があります。この欠陥が発生すると、クラッシュが引き起こされたり、さらなる悪用が行われたりする可能性があります。(CVE-2022-2869)

- Intel マイクロプロセッサー第 6 世代から第 8 世代は、新しい Spectre バリアントの影響を受け、カーネルでの retpoline 緩和策をバイパスし、任意のデータを漏洩することが可能です。権限のないユーザーアクセス権を持つ攻撃者が、リターン命令をハイジャックして、特定のマイクロアーキテクチャ依存の条件下で、任意の投機的コードを実行する可能性があります。(CVE-2022-29901)

- 5.18.14までの Linux カーネルの net/netfilter/nfnetlink_queue.c の nfqnl_mangle により、リモートの攻撃者がサービス拒否 (パニック) を引き起こす可能性があります。これは、1 バイトの nfta_payload 属性を持つ nf_queue 判定の場合、skb_pull が負の skb-> len に遭遇する可能性があるためです。(CVE-2022-36946)

- Linux カーネルの TeleTYpe サブシステムに、領域外読み取りの欠陥が見つかりました。この問題は、ユーザーが ioctl の TIOCSPTLCK および TIOCGPTPEER、TIOCSTI および TCXONC を使用して、flush_to_ldisc 関数でメモリの漏洩を引き起こし、競合状態をトリガーする方法で発生します。この欠陥により、ローカルユーザーがシステムをクラッシュさせたり、権限のないランダムデータをメモリから読み取ったりする可能性があります。(CVE-2022-1462) (CVE-2022-2588)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2022-1838.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-1679.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2153.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2588.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-26373.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-2869.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-29901.html

https://alas.aws.amazon.com/cve/html/CVE-2022-36946.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165102

ファイル名: al2_ALAS-2022-1838.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/9/15

更新日: 2022/9/30

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-1679

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2869

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-aarch64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-livepatch-4.14.291-218.527, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, p-cpe:/a:amazon:linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf, p-cpe:/a:amazon:linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/1

脆弱性公開日: 2022/5/16

参照情報

CVE: CVE-2022-1679, CVE-2022-2153, CVE-2022-2588, CVE-2022-26373, CVE-2022-28693, CVE-2022-29901, CVE-2022-36946