McAfee DLPe < 11.6.600.212 / 11.9.100 (SB10386)

medium Nessus プラグイン ID 165182

概要

リモートホストは、XML 外部エンティティ状態の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているMcAfee Data Loss Prevention Endpoint(DLPe)エージェントのバージョンは、11.6.600.212より前か、11.9.100です。したがって、XML 外部エンティティ参照の不適切な制限によって引き起こされる脆弱性の影響を受けます。これにより、リモートの攻撃者は、注意深く構築された XML ファイルを介して、通常はアクセスできないローカルサービスに DLP Agent をアクセスさせることができます。DLP Agent は、これを正しく解析しません。

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

McAfee DLPe 11.6.600.212、11.9.100 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kcm.trellix.com/corporate/index?page=content&id=SB10386

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 165182

ファイル名: mcafee_dlpe_SB10386.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/9/15

更新日: 2022/10/17

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2330

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:a:mcafee:data_loss_prevention_endpoint:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/McAfee DLPe Agent

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/8/22

脆弱性公開日: 2022/8/22

参照情報

CVE: CVE-2022-2330

MCAFEE-SB: SB10386

IAVA: 2022-A-0358