FreeBSD : puppetdb -- SQL インジェクションの可能性 (aeb4c85b-3600-11ed-b52d-589cfc007716)

high Nessus プラグイン ID 165223

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、aeb4c85b-3600-11ed-b52d-589cfc007716 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- PostgreSQL JDBC Driver(略して PgJDBC)により、Java プログラムが、データベースに依存しない標準の Java コードを使用して PostgreSQL データベースに接続することが可能です。「java.sql.ResultRow.refreshRow()」メソッドの PGJDBC 実装は列名のエスケープを実行していないため、「;」などのステートメント終端子を含む悪意のある列名は SQL インジェクションを引き起こす可能性があります。これにより、アプリケーションの JDBC ユーザーとして追加の SQL コマンドが実行される可能性があります。「ResultSet.refreshRow()」メソッドを呼び出さないユーザーアプリケーションは影響を受けません。JDBC アプリケーションを介してクエリを行っている下層データベースが攻撃者のコントロール下にある場合、そのメソッドを呼び出すユーザーアプリケーションが影響を受けます。この攻撃では、攻撃者がユーザーを騙して、悪意のある SQL を含む列名のテーブル名に対して SQL を実行させ、その後 ResultSet で「refreshRow()」メソッドを呼び出す必要があります。アプリケーションの JDBC ユーザーとスキーマ所有者は同じである必要はありません。潜在的に悪意のある、権限が弱いユーザーが所有するデータベーススキーマをクエリする権限のあるユーザーとして実行する JDBC アプリケーションは脆弱です。そのような状況では、悪意のあるユーザーがスキーマを細工し、特権ユーザーとしてアプリケーションにコマンドを実行させる可能性があります。パッチが適用されたバージョンは、「42.2.26」および「42.4.1」としてリリースされます。ユーザーにアップグレードすることを推奨します。この問題についての既知の回避策はありません。(CVE-2022-31197)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存していることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e62b6ce6

https://nvd.nist.gov/vuln/detail/CVE-2022-31197

http://www.nessus.org/u?b90006ce

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165223

ファイル名: freebsd_pkg_aeb4c85b360011edb52d589cfc007716.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/9/16

更新日: 2022/12/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-31197

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:puppetdb6, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:puppetdb7, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/16

脆弱性公開日: 2022/8/3

参照情報

CVE: CVE-2022-31197