Debian DSA-5232-1 : tinygltf - セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 165291

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 11 ホストには、dsa-5232 のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- tinygltf ライブラリは、C ライブラリ関数 wordexp() を使用して、入力ファイルから提供された信頼できないパスでファイルパス拡張を実行します。この関数では、バックティックを使用してコマンドを注入できます。攻撃者は、信頼できないパス入力を作成して、パスの拡張を引き起こす可能性があります。2.6.0 または過去のコミット 52ff00a38447f06a17eab1caa2cf0730a119c751 へのアップグレードをお勧めします (CVE-2022-3008)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

tinygltf パッケージをアップグレードしてください。

安定版 (stable) ディストリビューション (bullseye) では、この問題はバージョン 2.5.0+dfsg-3+deb11u1 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=1019357

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/tinygltf

https://www.debian.org/security/2022/dsa-5232

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-3008

https://packages.debian.org/source/bullseye/tinygltf

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165291

ファイル名: debian_DSA-5232.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/9/21

更新日: 2022/12/2

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-3008

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:debian:debian_linux:11.0:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:debian:debian_linux:libtinygltf-dev:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:debian:debian_linux:libtinygltf1d:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/21

脆弱性公開日: 2022/9/5

参照情報

CVE: CVE-2022-3008