Artifex Ghostscript 9.55 DoS

medium Nessus プラグイン ID 165303

概要

リモートの Windows ホストに、サービス拒否の脆弱性の影響を受けるライブラリが含まれています。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされている Artifex Ghostscript のバージョンは、9.55 です。このため、サービス拒否につながる NULL ポインターデリファレンスの脆弱性の影響を受けます。Ghostscript がメモリに多数のビットをレンダリングしようとする際に、DoS が発生します。バッファデバイスを割り当てるとき、ピクセルごとのビット数に依存するプロトタイプとして、それを使用するデバイス用に定義された init_device_procs に依存します。bpp> 64 の場合、mem_x_device が使用され、init_device_procs が定義されていません。この欠陥により、攻撃者が多数のビット (ピクセルあたり 64 ビットを超える) を解析することで、NULL ポインターデリファレンスの欠陥が発生し、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Artifex Ghostscript 9.56.0 以降に更新してください。

関連情報

https://bugs.ghostscript.com/show_bug.cgi?id=704945

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 165303

ファイル名: ghostscript_9_55.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/9/22

更新日: 2022/9/28

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-2085

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:artifex:ghostscript, cpe:/a:artifex:gpl_ghostscript

必要な KB アイテム: installed_sw/Ghostscript

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/3/29

脆弱性公開日: 2022/2/14

参照情報

CVE: CVE-2022-2085

IAVB: 2022-B-0034