Adobe InDesign 16.x < 16.4.3 / 17.x < 17.4 の複数の脆弱性 (APSB22-50)

high Nessus プラグイン ID 165355

概要

リモートホストに、複数の脆弱性の影響を受けるアプリケーションがインストールされています。

説明

リモートホストにインストールされている Adobe InDesign のバージョンは 16.4.3 より前です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。

- 領域外書き込みの脆弱性により、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードが実行される可能性があります。
この問題を悪用するにはユーザーの操作が必要で、被害者が悪意のあるファイルを開く必要があります。
(CVE-2022-28852、CVE-2022-28853)

- ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性により、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードが実行される可能性があります。この問題を悪用するにはユーザーの操作が必要で、被害者が悪意のあるファイルを開く必要があります。
(CVE-2022-38413、CVE-2022-38414、CVE-2022-38415)
- 細工されたファイルの解析時に領域外読み取りの脆弱性が存在します。これにより、割り当てられたメモリ構造の終端を超えて読み取る可能性があります。攻撃者はこの脆弱性を利用して、現在のユーザーのコンテキストでコードを実行する可能性があります。この問題を悪用するにはユーザーの操作が必要で、被害者が悪意のあるファイルを開く必要があります。(CVE-2022-38416、CVE-2022-38417)

ソリューション

Adobe InDesignバージョン16.4.3以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/indesign/apsb22-50.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165355

ファイル名: adobe_indesign_apsb22-50_16_4_3.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2022/9/23

更新日: 2022/9/28

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-28852

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-38417

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:indesign

必要な KB アイテム: installed_sw/Adobe InDesign

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/13

脆弱性公開日: 2022/9/13

参照情報

CVE: CVE-2022-28852, CVE-2022-28853, CVE-2022-28854, CVE-2022-28855, CVE-2022-28856, CVE-2022-28857, CVE-2022-30671, CVE-2022-30672, CVE-2022-30673, CVE-2022-30674, CVE-2022-30675, CVE-2022-30676, CVE-2022-38413, CVE-2022-38414, CVE-2022-38415, CVE-2022-38416, CVE-2022-38417