Debian DLA-3117-1:mediaWiki - LTSセキュリティ更新

medium Nessus プラグイン ID 165431

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートの Debian 10 ホストには、dla-3117 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 1.35.6より前、1.36.4 より前の 1.36.x、および 1.37.2より前の 1.37.xの MediaWiki で問題が見つかりました。むき出しのローカルインターウィキがメインページメッセージに対して不適切に処理されるため、editinterface 権限を持つユーザーが無限再帰をトリガーする可能性があります。(CVE-2022-28201)

- 1.35.6より前、1.36.4 より前の 1.36.x、および 1.37.2より前の 1.37.xの MediaWiki で XSS の問題が見つかりました。
メッセージの widthheight、widthheightpage、および nbytes のプロパティは、ギャラリーまたは Special: RevisionDelete で使用されている場合、エスケープされません。(CVE-2022-28202)

- 1.35.6より前、1.36.4 より前の 1.36.x、および 1.37.2より前の 1.37.xの MediaWiki でサービス拒否の問題が見つかりました。多数のファイルが存在する場合、アクターを条件とする Special: NewFiles のリクエストにより、クエリの実行に非常に長い時間がかかる可能性があります。(CVE-2022-28203)

- 1.35.7より前、1.37.3 より前の 1.36.x と 1.37.x、および 1.38.1 より前の 1.38.x の MediaWiki で問題が見つかりました。XSS は、JavaScript ペイロードをユーザー名に許可する構成で発生する可能性があります。アカウント作成後、ページタイトルを「ようこそ」に設定し、その後にユーザー名を設定すると、ユーザー名がエスケープされません。
SpecialCreateAccount: : successfulAction() の呼び出し: : 2 番目のパラメーターとしてのメッセージを含む showSuccessPage()、および OutputPage: : setPageTitle() は text() を使用します。(CVE-2022-34911)

- 1.37.3より前、1.38.1 より前の 1.38.xの MediaWiki で問題が見つかりました。Special: Contributions で使用される contributions-title は、エスケープせずにページタイトルとして使用されます。したがって、ユーザー名に HTML エンティティが含まれるデフォルト以外の構成では、エスケープされません。(CVE-2022-34912)

- MediaWiki による報告: (T292763。CVE-2021-44854) REST API が、プライベート wiki からのオートコンプリート検索結果を不適切にパブリックにキャッシュします。(T271037、CVE-2021-44856) AbuseFilter でブロックされるタイトルは、Special: ChangeContentModelを介して作成できます。(T297322、CVE-2021-44857) 権限のないユーザーが action=mcrundo を使用して、任意のページのコンテンツを置き換える可能性があります。(T297322、CVE-2021-44858) 権限のないユーザーが、さまざまなアクションを使用してプライベート wiki のコンテンツを表示できます。(T297574、CVE-2021-45038) 権限のないユーザーがロールバックアクションを使用してプライベートな wiki コンテンツにアクセスできます (T293589、CVE-2021-44855) VisualEditor メディアダイアログのブラインド蓄積型 XSS。(T294686) Special: Nuke は実際にはページを削除しません。(CVE-2021-44856)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

mediawikiパッケージをアップグレードしてください。

Debian 10 buster では、これらの問題はバージョン 1 で修正されています。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/source-package/mediawiki

https://packages.debian.org/source/buster/mediawiki

https://www.debian.org/lts/security/2022/dla-3117

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2021-44856

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-28201

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-28202

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-28203

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-34911

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2022-34912

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 165431

ファイル名: debian_DLA-3117.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/9/25

更新日: 2022/9/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-34912

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:debian:debian_linux:10.0:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:debian:debian_linux:mediawiki:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:debian:debian_linux:mediawiki-classes:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/22

脆弱性公開日: 2021/12/21

参照情報

CVE: CVE-2021-44856, CVE-2022-28202, CVE-2022-28201, CVE-2022-28203, CVE-2022-34911, CVE-2022-34912