FreeBSD: squid -- キャッシュマネージャーにおける機密情報の漏洩 (f9ada0b5-3d80-11ed-9330-080027f5fec9)

medium Nessus プラグイン ID 165455

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、f9ada0b5-3d80-11ed-9330-080027f5fec9 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Mikhail Evdokimov (別名konata) 氏の報告:内部 URI の処理に一貫性がないため、Squid はプロキシを使用するクライアントに関する機密情報の漏えいに対して脆弱です。
この問題により、信頼できるクライアントが、マネージャー ACL 保護をバイパスして、キャッシュマネージャー情報に直接アクセスする可能性があります。利用可能なキャッシュマネージャー情報には、内部ネットワーク構造、クライアントの認証情報、クライアントの ID、およびクライアントのトラフィック動作のレコードが含まれています。 (CVE-2022-41317)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?05bf1a3f

http://www.nessus.org/u?2c85b80a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 165455

ファイル名: freebsd_pkg_f9ada0b53d8011ed9330080027f5fec9.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/9/26

更新日: 2023/1/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-41317

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:squid, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/26

脆弱性公開日: 2022/4/17

参照情報

CVE: CVE-2022-41317