FreeBSD: Gitlab -- 複数の脆弱性 (04422df1-40d8-11ed-9be7-454b1dd82c64)

high Nessus プラグイン ID 165595

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、04422df1-40d8-11ed-9be7-454b1dd82c64 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Gitlab レポート: 問題の複製によるサービス拒否。Sentry エラー リストを介した被害者ユーザーとしての任意の PUT リクエスト。外部ステータスチェックによるコンテンツインジェクション。プロジェクトのメンテナーは、ログから Datadog API キーにアクセスできます。安全でない Json データのシリアル化により、機密データの漏洩が発生する可能性があります。インポートのバグにより、プライベート ローカル git リポジトリをインポートできます。メンテナーは統合 URL を変更することで Github アクセス トークンを漏洩することが可能です (15.2.1 のパッチ後でも)。認証されていないユーザーがどのプロジェクトでもイシューを作成できる。Dependency Proxy でグループ IP 制限をバイパスする。HTTPS が有効なシステムで HTTP 経由でアクセスすると、Healthcheck エンドポイント許可リストをバイパスできます。ゲストユーザーへの Todo 詳細の開示。ユーザーのプライマリメールは、グループメンバーイベントの Webhook を通じて開示される可能性があります。ブランチ/タグ名とデフォルトのブランチ名の混同によるコンテンツ操作。WebHook ログでの電子メール アドレスの漏洩。特別に細工された出力により、ジョブログにアクセスできなくなります。プロジェクトレベルでの編集承認ルールの適用 (CVE-2022-2882、CVE-2022-2904、CVE-2022-3018、CVE-2022-3060、CVE-2022-3066、CVE-2022-3067、CVE-2022-3279、CVE-2022-3283、CVE-2022-3285、CVE-2022-3286、CVE-2022-3288、CVE-2022-3291、CVE-2022-3293、CVE-2022-3325、CVE-2022-3330、CVE-2022-3351)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0c94a2f5

http://www.nessus.org/u?846f57de

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165595

ファイル名: freebsd_pkg_04422df140d811ed9be7454b1dd82c64.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

公開日: 2022/9/30

更新日: 2022/12/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.5

Temporal Score: 6.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:N

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-3060

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:freebsd:freebsd:*:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:freebsd:freebsd:gitlab-ce:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/30

脆弱性公開日: 2022/9/29

参照情報

CVE: CVE-2022-2882, CVE-2022-2904, CVE-2022-3018, CVE-2022-3060, CVE-2022-3066, CVE-2022-3067, CVE-2022-3279, CVE-2022-3283, CVE-2022-3285, CVE-2022-3286, CVE-2022-3288, CVE-2022-3291, CVE-2022-3293, CVE-2022-3325, CVE-2022-3330, CVE-2022-3351

IAVA: 2022-A-0395-S, 2022-A-0456-S