SUSE SLED15 / SLES15 / openSUSE 15 セキュリティ更新: cosign (SUSE-SU-2022:3486-1)

medium Nessus プラグイン ID 165617

言語:

概要

リモートの SUSE ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLED15 / SLES15 / openSUSE 15 ホストには、SUSE-SU-2022:3486-1 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Cosign は、署名を見えないインフラストラクチャにすることを目的とした、sigstore という組織のプロジェクトです。1.12.0 より前のバージョンでは、cosign verify-blob に多数の脆弱性が見つかりました。これは、検証に失敗するはずのアーティファクトが、Cosign によって正常に検証されてしまうというものです。1 つ目に、cosign バンドルを細工すれば、埋め込まれた rekorBundle が指定された署名を参照しない場合でも、blob を正常に検証できます。2 つ目に、ID フラグを提供する際に、Rekor バンドルの検証時に証明書の電子メールと発行者がチェックされず、GitHub Action の ID がチェックされません。3 つ目に、実験フラグなしで無効な Rekor バンドルを提供すると、検証が成功します。4 つ目に、透明性ログエントリが無効な場合、検証はすぐに成功します。これらの問題の詳細と例は、リンクされている GHSA-8gw7-4j42-w388 アドバイザリで確認できます。
ユーザーは 1.12.0 にアップグレードすることを推奨します。これらの問題についての既知の回避策はありません。(CVE-2022-36056)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける cosign パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1203430

http://www.nessus.org/u?2c21c966

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-36056

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 165617

ファイル名: suse_SU-2022-3486-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/10/2

更新日: 2023/2/8

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:S/C:N/I:C/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-36056

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:cosign, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/1

脆弱性公開日: 2022/9/14

参照情報

CVE: CVE-2022-36056

SuSE: SUSE-SU-2022:3486-1