Microsoft Exchange CVE-2022-41040 / CVE-2022-41082 への潜在的な情報漏洩のエクスプロイト

high Nessus プラグイン ID 165629

概要

CVE-2022-41040 / CVE-2022-41082 に対する潜在的な侵害の痕跡を検出

説明

このプラグインは選択されたディレクトリに Web シェルが存在する可能性を検出しますが、これはホストが CVE-2022-41040 / CVE-2022-41082 で悪用されたことを示す可能性があります。結果を手動で検証し、適切な修正アクションを行うことが推奨されています。

注意:Nessusは、この問題をテストしていませんが、代わりに、潜在的なセキュリティ侵害を示唆する可能性があるファイルを検索しています。

ソリューション

ベンダーのブログに記載の緩和策を適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?57fc3035

http://www.nessus.org/u?a7de87f3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165629

ファイル名: exchange_cve-2022-41040_ioc.nbin

バージョン: 1.47

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2022/10/3

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 9

現状値: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-41040

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:exchange_server

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, installed_sw/Microsoft Exchange

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2022/9/29

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/10/21

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Microsoft Exchange ProxyNotShell RCE)

参照情報

CVE: CVE-2022-41040, CVE-2022-41082

IAVA: 2022-A-0474-S