FreeBSD : zydis -- ヒープバッファオーバーフロー (d487d4fc-43a8-11ed-8b01-b42e991fc52e)

high Nessus プラグイン ID 165687

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている FreeBSD のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、d487d4fc-43a8-11ed-8b01-b42e991fc52e のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Zydis は、x86/x86-64 逆アセンブラーライブラリです。「zycore」で提供される文字列関数を使用してカスタムのフォーマッターフック内のフォーマッターバッファに信頼できないユーザーデータを追加する Zydis バージョン v3.2.0 以前のユーザーは、ヒープバッファオーバーフローに陥る可能性があります。古いバージョンの Zydis は、フォーマッターバッファ内の文字列オブジェクトを適切に初期化できず、いくつかのフィールドの初期化を忘れていました。これにより、「ZyanStringAppend」などの zycore 関数が新しいターゲットサイズに対して不適切な計算を行い、ヒープメモリの破損を引き起こす可能性があります。Zydis はこれらのフィールドで動作する zycore の文字列関数を内部で使用しないため、これは通常のカスタマイズされていない Zydis フォーマッターには影響しません。ただし、zycore 文字列関数は、フォーマッターを拡張したいライブラリのユーザーのためにフォーマッターバッファを操作するための方法であるため、Zydis の脆弱性であると考えられます。このバグは、バージョン 3.2.1 以降でパッチされています。回避策として、ユーザーは、パッチを適用したバージョンに更新するまで、フォーマッターフックで zycore 文字列関数を使用しない場合があります。(CVE-2021-41253)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.cvedetails.com/cve/CVE-2021-41253

http://www.nessus.org/u?f4739423

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165687

ファイル名: freebsd_pkg_d487d4fc43a811ed8b01b42e991fc52e.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2022/10/5

更新日: 2022/10/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-41253

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:zydis, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/10/4

脆弱性公開日: 2021/11/8

参照情報

CVE: CVE-2021-41253