Catalyst スイッチ用 Cisco IOS XE ソフトウェア MPLS DoS (cisco-sa-iosxe-mpls-dos-Ab4OUL3)

high Nessus プラグイン ID 165704

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Cisco Catalyst 3650、Catalyst 3850、Catalyst 9000 ファミリースイッチ用 Cisco IOS XE ソフトウェアの egress MPLS パケット処理機能の脆弱性により、認証されていないリモートの攻撃者が、影響を受けるデバイスを予期せずリロードさせ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。この脆弱性は、IPv4 トラフィックの入力検証が不十分なために発生します。攻撃者が、影響を受ける MPLS 対応インターフェイスに不正な形式のパケットを送信することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。悪用に成功すると、攻撃者がデバイスをリロードさせ、DoS 状態を引き起こす可能性があります。

詳細については、付属の Cisco BID および Cisco Security Advisory を参照してください。

ソリューション

Cisco バグ IDs CSCvy16234、CSCwa68343 に記載されている該当の修正済みバージョンにアップグレードしてください

関連情報

http://www.nessus.org/u?bb18303c

https://tools.cisco.com/security/center/viewErp.x?alertId=ERP-74745

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCvy16234

https://bst.cloudapps.cisco.com/bugsearch/bug/CSCwa68343

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 165704

ファイル名: cisco-sa-iosxe-mpls-dos-Ab4OUL3-iosxe.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2022/10/5

更新日: 2022/12/2

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-20870

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.6

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:cisco:ios_xe

必要な KB アイテム: Host/Cisco/IOS-XE/Version, Host/Cisco/IOS-XE/Model

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/9/28

脆弱性公開日: 2022/9/28

参照情報

CVE: CVE-2022-20870